ブロガー1年生が考える、もっとも優れたブロガーの条件

少年野球をしていたときに、
いいピッチャーの条件とは何か。コーチに問われたことがあります。
 
e266cba248f89f3f8cb0c832e5161b0a
 
僕は悩まずに答えました。
「ストレートが速いこと、コントロールがいいこと、
 変化球をたくさん投げれること、それから・・・」
 
そこでコーチは僕を制して言いました。

スポンサードリンク


「ケガをしないことだ」

 
 
そうです。ケガをしないこと。
ケガをしてしまうと、満足のいく練習もできなくなり、
もちろん試合にも出れません。
  
ケガをしないで、たくさんの試合に出て、そのためによりたくさんの練習をする。
ピッチャーはケガをしやすいポジション。
そのことをちゃんと覚えておくこと。コーチはそう言ってくれました。
 
 
 
そんな言葉を、僕はそのあとの人生でもしばしば思い出します。
これは何にでも当てはまることだと、
小学生ながらに気づいて、印象に残ったからです。
 
 
つまり、続けること。
 
これが自分の目標や夢を手元に近づけるのに一番大事なことです。
技術うんぬんじゃない。
それに向き合い続け、努力を重ねること。これが何より大事なのです。
 
 
 
これはブロガーにも当てはまります。
 
書き続けること。
それができる人。
より良くなろうと努力を重ねられる人がもっとも優れたブロガーです。
 
SEOに精通している。読者にウケるネタを見つけられる。
これらの技術は二の次です。
 
Twitterでフォローさせてもらっている人気ブロガーさんたちは、
例外なくブログというものを何年も書き続けられており、
たくさんの記事を財産として持っています。
 
そうやって書き続けてきたことで、より良くなるための努力を重ね、
その結果、技術が備わってきたのです。
 
 
 
と、ブロガー1年生としては思いたい!(笑)
SEOやデザインの技術をつけなくちゃ!とは思うものの、
1記事の作成に時間がかかってしまい、
サボってしまう日があるのが今の僕の課題です。
 
考えたこと、学んだことを、サクッと書き上げられるようになりたいのです。
そうすれば、続けることのハードルが下がります。
書くことを楽しむことも大事ですね。
ネタがないとイリイリすることがありますが、
アンテナを張っていればネタがないなんてことはないはず。
 
 
野球はもうやってないけれど、それに代わる楽しみを僕は持っています。
さあ、今日も明日も書いていこうじゃないか!
 
イチローも、こんな名言を残しています。
「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ」
いちろーの言葉で一番好きな言葉です。
 
 
かずでした。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*