月別アーカイブ: 2017年3月

桜井さんが喉の不調で公演中止。無念とプロ意識の間に立った桜井さんを感じる。


 
今日の朝、このニュースを知ってビックリしました。
ミスチルの桜井さんが名古屋でのライブ中、喉の不調のためそのライブを途中で中止したとのこと。さらに、今日の予定だった三重公演も中止にしたとのことで、ファンとしては心配なのはもちろん、桜井さんやファンの人がどんな気持ちだっただろうと考えてしまいます。
続きを読む

間違いない。オシャレに見える。黒のスキニー大好きな僕がその魅力を語ります。


 
僕が頼りっぱなしのオシャレアイテムは、黒のスキニーパンツを置いて他にありません。
大学生になってから(もう10年も前)今現在まで僕が愛してやまない黒スキニーの魅力について語ろうと思います。
続きを読む

「やあ、僕たちふらわーぱうだー」山へドライブに行った僕、死にかける。


 
春めいた風に乗って、柔らかな日差しを浴びて、彼らは僕たちのもとにやってくる。
「うふふふ、あははは。こんにちは!僕たちはふらわーぱうだー、よろしくね!」
僕はそんな彼らに答える「山へ帰れ」
続きを読む

ラテラルシンキング自作問題『トイレを流さない男』答え


 
昨日書いた、僕作のラテラルシンキング(水平思考)の問題。その名も『トイレを流さない男』の答えを書きたいと思います。
ちなみに、書き終わったあと妻に挑戦してもらったところ、1発で答えを言い当てられてしまいました。かかった時間は5秒。まさに秒殺。簡単だったでしょうか・・・
続きを読む

ラテラルシンキング自作問題『トイレを流さない男』


 
物事をいろんな方向から考える思考法「ラテラルシンキング(水平思考)」。ロジカルシンキング(水平思考)とは真逆のアプローチのこの思考法、本でもいろんな問題集があっておもしろいんです。
過去にもいくつかだけ関連の記事を書いていますが、今回は自作問題集の第2弾を考えついたので、書いてみようと思います。
問題のタイトルは『トイレを流さない男』。あなたはこの問題、解けますか?ぜひ挑戦してみてください!
続きを読む

大人の読書は主観ゴリゴリで読まなきゃもったいない。ハンス王子もウサギもきっといいやつだ。


 
読書って、いいですよね。あのゆっくりと流れる時間。字を追っているだけなのに、頭の中に広がる世界観。中でも特にいいのが、その物語の解釈を誰にも邪魔されず、否定されず、純粋に自分だけのものにできること。それこそが大人の読書の醍醐味ですよね。
続きを読む

「こうして、思考は現実になる」実験6の結果。念を送った方のインゲンが異様に伸びて驚愕の結果に!


 
シリーズで書いている「思考は現実になる」第9弾です。今回も、実験のやり方と結果を書いていきたいと思います。今回は結果が誰の目にもはっきりわかってしまう実験6について。
結論から言うと、これはやばい。著者のパム・グラウトさんが言うとおりの結果になり、“思考が現実になる”というのは、もうマジで本当ではないかと、僕はもうその考えを無視できません。
続きを読む