『直虎』39話。高瀬のビフォーとアフターは別の役者さんでした。

 
『おんな城主直虎』39話。今週は2つ目の記事を書きます!
というのも、高瀬がとてもいい感じに成長していたから。(変な意味とかないですよ)
ちょっとビフォー・アフターで並べてみたかったんです。

スポンサードリンク
◆ビフォー

死んでしまった井伊直親の娘であると、井伊谷を訪ねて来た高瀬。政次はその素性をかなり疑って、「武田の間者ではないか」と言っていましたが(その真偽は僕たち視聴者としても怪しいところでした)、その明るい素朴な娘ぶりもあり、井伊家の者は高瀬を直親の娘として受け入れました。
  
しかし、登場回での最後のシーンで見せたのがこの表情。山伏の常慶を見ての表情だったのですが、ふっと暗い影を落とします。
回を追って37回のときに、政次の読みどおり、高瀬は武田の間者として井伊に入り込んでいたことが発覚します。
 
身よりもないところで武田側に拾われ、間者を命じられた娘、高瀬。ネガティブな感情も多く胸の内に秘めていたキャラクターでしたが、視聴者全員が幸せになってくれることを祈っていたはずですよね!
 
 
 
◆アフター 

そして今回の39話。思いもかけず高瀬が登場しました。
その成長ぶりに驚きました。すっかり大人らしくなっている!顔立ちも、そして立ち居振る舞いも。
そこからは以前に持っていたネガティブなオーラはどこにもなく、すっきりポジティブに成長してきたことがうかがえます。ちょっと胸キュンしてしまいましたね。同じく男性視聴者のみなさん、どうだったでしょう。 
 
 
 
◆役者さんが違った
このビフォーとアフターの高瀬、とても似てますよね。僕は(いっしょに見ていた妻も)てっきり同じ役者さんが化粧を変えたのかなと思って見てしまっていました。
 
しかし、調べて見たら別人の役者さんでした。しかし雰囲気似てるな。逆にこれはすごい。
 
  
(NHKホームページより)
 
こうしてよく見てみると別人ですね(笑)
でも、いきなり成長して登場したときはすっかり騙されましたよ。恐らく「あれ誰?」となった視聴者はかなりの少数派でしょう。みんな「高瀬だ!」と一瞬でわかったはず。
いやはや、素晴らしい人選です。
 
視聴した高瀬。まだまだ見たいですね(笑)
 
スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*