深く納得。「互いに歩み寄れば半分で済む」上司Mの名言

cr_43_500
<画像はイメージです>
 
僕の上司Mさんは、なんともぶっ飛んだ人ですが、
(参考:窓からパンのかたまりを投げる我が上司
その濃ゆい人生経験と、人が大好きという性格から、
人生を歩むうえで大切な、深い言葉をさらりと発します。
(そんなとき、かずにはMさんが007のMのように見えるのです)
 
今日はまた、そんなMの名言が飛び出したので紹介します。

スポンサードリンク

 
その名言とは、
「人間関係には“歩み寄り”というものが大事なのよ。
 一方が一方的に相手に近づくのはしんどいけど
 互いに歩み寄れば一人の労力も時間も半分で済むでしょ」

 
というセリフ。
雷に打たれるような感動を覚えました。
上のセリフはほぼ原文どおりですが、言い回しがカッコイイ。
 
 
頭の中でイメージをすれば、言ってることはごく普通のことです。
しかし、実際にはそれが難しいのが人間関係だったりしますよね。
政治や外交の話題は詳しくなくて苦手なのですが、
これらの分野でもいろんな問題が一向に解決に向かわないのは、
この“歩み寄り”が難しいからだと思います。
 
自分からも相手に歩いて行くことに抵抗を感じるんでしょうね。
「こちらにもプライドがあるから」とかなんとか言って。
 
安っぽいプライドなんか放って、相手と自分のために歩み寄ること。
これを「譲歩」と言います。たぶん。
 
 
ちなみにこのMの名言は、
社内でうちの課とよその課の関係がうまくいかないという話題から出たもの。
コミュニケーション不足で、すれ違いが多く、摩擦が起きることがあったのです。
 
ここでMは、“歩み寄り”が必要だと示唆したワケですね。
 
ちなみにちなみに、「示唆した」というとカッコイイのですが、
ありのままに言えば、お昼休みにパンをほお張りながら発したボヤキでした。
 
でも、そのボヤキの根っこには、
Mの組織に対して抱えるじれったさと叱咤の気持ちを感じました。
 
 
これをただのボヤキとしか聞かない人に、
うちの会社の上の方にはいてほしくないですね。
僕はMこそ、トップにふさわしい人物だと、こっそり思っているのです。
本人には言わないけどね(笑)
 


深く納得。「互いに歩み寄れば半分で済む」上司Mの名言」への3件のフィードバック

  1. M.I.F

    今回も素晴らしい名言ですねー。パンを頬張りながらというのが、「良いこというぞー」感がなくていいですね笑

    どちらの意見も見方によっては、正しいし、間違ってるってこともありますからね。個々の最良が全体の最良選択になるとは限らない…ですしね(´・_・`)

    返信
    1. かず 投稿作成者

      そうなんですよ。大好物のパンをほお張りながらです(笑)
      その分包み隠さない本心をボヤいた感がありました。
      ははぁ!個々の最良が全体の最良選択になるとは限らない。
      ホントにそうですね。全体の最良の視点て最近考えてませんでしよ。
      勉強になりました。

      返信
  2. ピンバック: 「真田丸」に学ぶ。男に大事なのは自分を持つこと。ベラベラしゃべらないこと。 | かずのUPノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*