真田丸15話「一番苦い茶であった」ああ、我らが上杉景勝が落ちてゆく・・・

6224535
 
真田丸15話、見ました!
印象に残ったのは、天下人目前の秀吉と、
その秀吉の元に上洛した上杉景勝の明暗の差。
この真田丸で大ファンになった景勝ですが、
乱世の力関係に飲み込まれる姿が歯がゆく、応援したくなります。

スポンサードリンク

秀吉のいる大阪に上洛した景勝。
しかし、秀吉からの扱いはぞんざいなもの。
 
何日も面会の約束を反故にされ、やっと会えたと思ったら、
「真田の肩を持つな」と秀吉に忠告されてしまいます。
 
真田を守ると約束をしていた景勝にとっては苦しい場面。
義に厚い景勝。なにより、息子のようにかわいがる信繁を裏切ることになる。
しかし、相手は天下人に迫る勢いの羽柴秀吉。
上杉家と越後の民を守るには逆らえない男です。
 
 
ここで今回の15話で僕が一番おもしろいなぁと思ったシーン、
秀吉、景勝、信繁、そして千利休のお茶の場面です。
 
信繁は景勝より先に秀吉に会ったことを心苦しく思い、
「お初にお目にかかります」と秀吉に言うが、
秀吉はあっけらかんと「昨日会ったではないか」と暴露。
 
景勝は当然「え!?」となり、信繁は気まずさMAX。
秀吉は景勝を気遣う心優しい男だと信繁をフォローするが、
さんざん待たされていた景勝はやはり複雑に思ったでしょう。
 
その後、利休のたてたお茶を飲むシーン。
景勝は複雑な気持ちのまま茶碗を手に取り、少しためらったあと、
一口、また一口と茶を飲み干しました。
 
 
景勝と信繁が去ったあと、秀吉は利休に「景勝は自分に従うか」と尋ねます。
利休は「まず間違いなく」と答えます。
茶を飲むという静謐な空間で、
景勝の心情を利休に読み取らせることが秀吉のねらいだったのですね。
なるほど、やはり名を上げる人物のそばには優秀な人間がいるもの。
  
スポンサードリンク
 
さて、茶室を去った景勝と信繁。
信繁は「利休のお茶はどうでしたか」と景勝に訪ねます。
すると景勝は、「これまでで一番苦い茶であった」と苦々しげに一言。
 
義を重んじて生きたいと願う景勝にとって、
秀吉のもとに下ることは、真田を守るという義を全うできないこととイコール。
しかし、秀吉のそばで利休の茶を飲んだとき、
景勝は自分を曲げて越後を守ることを決めたのです。
 
このときの景勝の表情。
そして上を見てはいるが、背筋が曲がってしまった佇まい。

僕の敬愛する景勝が乱世に飲まれてしまうのを感じたシーンでした。
 
恐らく、真田丸で景勝ファンになった人は僕だけでないでしょう。
Twitterでもすごい人気ぶりですもんね。
 
果たして、景勝はこのまま落ちてしまうのでしょうか。
それとも、またカッコイイ男を僕たちに見せてくれるのでしょうか。
今後の展開がとても楽しみです。
 


【Amazon.co.jp限定】真田丸 完全版 第壱集(「真田丸」扇子付) [DVD]


NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部隆之

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*