「真田丸」第31話。出浦様が…。徳川は稲を真田に嫁に出して大正解でしたね。

出浦様
 
「真田丸」31話は久々の戦闘シーンがありましたね。
しかし、男の憧れである出浦様が・・・
信幸の嫌な予感によって命拾いした格好になった家康。
これも本田忠勝の娘、稲を信幸の嫁に出していたおかげですね。

スポンサードリンク

出浦様こと出浦昌相、めちゃくちゃカッコイイですよね。
忍者というだけで男心をくすぐりまくるのに、
さらにあのクールなキャラ。
秘密裏に任務をきっちり遂行する頼りになるキャラ。
 
出浦様2
 
出てくるたびに「今度はどんな活躍してくれるのかな」とドキドキ。
 
そんな多くの視聴者が楽しみながらも心配していた31話。
先週の次回予告で出浦様と本田忠勝がタイマン張っていて、
そしてチラリと背後から忠勝に出浦様が切られるシーンが!
 
 
そうして迎えた今日の31話。
秀吉の「家康を殺せ」という命令が出るまでの流れも
とても見応えがあったのですが、
その命令を受けた石田三成は、昌幸に相談。
 
昌幸はそれに応え、出浦様を使って家康を暗殺することに。
 
家康の部屋の屋根裏に潜む出浦様。
くないを構えてにらみをきかせるカッコよさは鉄板。
 
しかし、あれは火遁の術のときに使ってた筒?
この筒を使用するときの「ポン」という音に
まさかの同じ真田家である信幸が反応。
 
火遁の術
 
一度出た家康の部屋に戻り、「忍びが潜んでいるかも」と
本当に潜んでいるのに言っちゃう痛すぎるミステイク。
 
 
さて、信幸がそもそもなぜ家康の部屋にいたのか。
そう、それは妻の稲だけでなく、前妻のおこうにも子がいることを
本田忠勝にそれとなく伝えてもらうため。
 
そこで「ポン」の音に気づき、家康の身を案じてチクる。
 
・・・はい、これにより出浦様は発見されます。
 
 
その後、出浦様と本田忠勝の一騎打ちが始まり、
そのシーンには久しぶりにドキドキしました。
忠勝の名槍「蜻蛉切(とんぼきり)」を折ったのには歓声を上げちゃいましたね。 

しかし、さすが本田忠勝。
苦戦した出浦様は煙玉を使って撒こうとする出浦様。
 
  
なのに、そこに立ちはだかったのがまたしても信幸。
そこで信幸に気を取られた出浦様・・・
その背後からは本田忠勝が・・・!
 
 
きゃーー!
 
 
完全に背後から切りつけられてしまいました。
その後も対峙しますが、足も切られて庭に逃げ込むも、
大勢の兵に囲まれてしまいます。
 
そして、あれは自爆?なのでしょうか?
爆薬を使って出浦様の姿は消えます。
 
 
昌幸のもとに佐助が連れ帰った出浦様は満身創痍。
Twitterでは、「史実では関ヶ原の戦いの後まで生きている」と
出浦様の死を否定していますが、
大河ドラマ「真田丸」としてはどうなんでしょう。
 

 
31話。三成と家康もなかなかキーマンでしたし、
ついに秀吉が死んでしまったわけですが、
僕としてはやはり出浦様の末路と
家康の“未来の天下人”としての運の強さを感じた回でした。
 
次回以降もますます楽しみですね。
出浦様、生きていてーー!
  
  
 

スポンサードリンク
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*