「真田丸」第32話。石田三成“張り合ってしまう性格”こそが家康との差

石田三成 性格
 
真田丸32話、「応酬」。見ました!今週もおもしろかったですね。
見終わって思ったのが、「三成、相手と張り合い過ぎ」ということ。
冷静沈着に計画を立てて物事を進めていける力があるのに、
結構イライラ屋さんですよね。
その性格が彼の最大の弱点だと確信した回でした。

スポンサードリンク

今日の32話では、豊臣秀吉亡き後の権力を我が物にしようと、
徳川家康がかなり秀逸なたぬきっぷりを展開。
 
各国の大名家と結婚話を勝手に結んだ件を追及される場面では、
「その約束事は忘れてしまっていた」
ととぼけ、自分のペースへ場の雰囲気を持っていきました。
 
見ていた僕も「そうきたか!」と変に関心してしまいました。
そんなたぬきっぷりを駆使した家康が
三成に対して優勢な立場を築いていく。そんな32話でした。
  
 
 
さて、対する三成は、家康の勝手を許すまいという思いのもと、
家康を除く老衆(おとなしゅう)と奉行たちに綿密に根回し。
信繁も上杉景勝のところに協力を求める根回しに行きましたね。
 
家康を問い詰める直前、
その場は「家康を追求し、老衆から失墜させよう」という結束が見られました。
ここまでは、三成のペース。家康は四面楚歌に陥るのかなと思っていましたが…
 
 
「忘れてしまっておった」
と発言。そう行ったときの形だけの悪びれ方と言ったら。
あざとすぎて見ていて笑ってしまいそうでした。
 
しかし、そう言われてしまうともう誰も責められず、
僕の敬愛する上杉景勝も「忘れていた、では済まない。気がする」
と小声で弱々しい発言。ちょっと泣きそうになっていました。
 
スポンサードリンク

そんな予想外の展開に、三成はプッツンきてしまいます。

事前に大谷吉継(刑部)にも「家康とお主の個人的争いにはするな」
と念を押されていたのに、ここで“張り合ってしまう性格”が顔を出してしまいます。
 
 
勝手なふるまいを見せる家康に、「それでは済まん!」と恫喝。
さらに、「老衆から下ろす!」と本音と目的をガッツリ言っちゃう。
ここが家康との差。
 
家康は冷静に虎視眈々と作戦を練り、
自分の本音と目的はひた隠しにしたままで、最終的にそれを達成します。
 
三成も、豊臣家サイドでは頭の切れる男。
家康に勝るとも劣らない作戦を考えられるでしょう。
 
しかし、イライラ屋さんで、つい相手と張り合ってしまう性格で
すべてを台無しにしてしまうのです。
だから予想外の展開に弱い。
常に冷静ならもっとうまく対処できる能力があるのに。
 
 
今回の話で朝鮮から帰って来た加藤清正に対しても、
清正の発言にいちいち反発してましたね。
宴の席で、「おれはお前と飲みたいんだよ!」とかわいいことを言った清正に、
「おれは飲みたくないんだ!」と手を振りほどき退室。
 
 
 
この真田丸の三成を見たうえで、関ヶ原の戦いのことを考えれば、
三成が家康と対等に対抗できたのは戦場ではなく、
こういった政(まつりごと)の場面じゃなかったのかなと思います。
 
しかし、その政の場面でも、張り合ってしまう性格のせいでどうやら敗北ですね。
武力を行使するという結論に至った時点で負け決定です。
 
 
そうやって三成と家康は対立し、家康に軍配が上がる結果に辿りつくのですね。
そんなことを感じてしまった、勉強にもなる32話でした。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*