「真田丸」第45話。上杉景勝の「日の本一の兵!」の叫びに隠された想いを考察する。

真田丸 上杉景勝 45話
 
やばい。真田丸がアツいですね!
今日もアドレナリンがドバドバ出て止まりませんでした。
さて、今日の幸村の戦いを、
僕たち視聴者と同じ眼差しで見ていた人物がいましたよね。
そうです。僕がこのドラマで大好きになった武将、上杉景勝。 
今日の話での彼の気持ちを想像すると、胸の奥がジンときますよ。

スポンサードリンク
景勝と源次郎(幸村)は、源次郎が人質として送られたことから関係が始まります。
勇敢であり、聡明、そして凛とした若者である源次郎を
景勝は人質としてではなく、息子のように扱います。
そんな関係が築かれるまでの話も、思い起こせばアツい回でした。
 
kagekatunobusige
 
しかし、何の因果か、世の流れと勢力の流れにより、
大坂の陣ではそんな二人は敵同士に。

今日の話では、家康め、景勝に真田丸を攻め落とせと言いやがった!
 
真田丸ファンの大多数は、僕と同じくきっと景勝ファンでしょう。
僕と同じタイミングで憤りの声を上げた方も少なくないはず。
  
義に厚い景勝。
その男らしさに景勝ファンになったというのに、
「お主のような息子が欲しかった」とまで言った源次郎を攻める景勝など見たくない。
 
 
 
しかし、一方で、今回の真田丸は痛快な回でした。
「完封」というタイトルからも、今日はイケイケのノリノリ!
という予想ができてはいましたが、
いやいや、真田勢の戦いぶりは見事!
 
・大助の父親と同じ挑発の踊り
・真田丸の空堀のトリッキーな仕事ぶり
・炸裂する鉄砲隊
・火縄銃でスナイパーライフル級の狙撃を魅せる毛利勝永
・逃げる敵を追撃し、槍を振るう幸村
 
 
幸村の戦いっぷりに敵が逃げ惑う。
そんな場面を目の当たりにした上杉・・・
 
聞こえるはずもないことを知りながら、
源次郎に向かって叫びます。
「日の本一の兵(つわもの)~!」
 
cwlpgsduoaanxyi
 
この言葉、単に幸村の戦いっぷりに感嘆しての言葉ではないと思いました。
 
時代の流れ、勢力の流れにより、敵となった源次郎。
しかし、かつてはともに同じ時間を過ごし、息子とも思えた相手。
そんな相手に、今「刃を向けよと」と命じられた。
 
今回は、幸村の策により、上杉が仕掛ける前に
前田と井伊の軍勢が自分から攻めていったため、
上杉は真田と戦わずに済んだ。
 
しかし、今後も敵同士なのは変わらない。
これからの時代の流れ、勢力の流れにより、
また対峙することを強いられることもあるだろう。
 
それでも、今回の幸村の戦いっぷりを認め、応援してやりたい。
これから後、どんな結末があろうと関係ない。
 
「日の本一の兵はお前だ!」と声を大にして言うことで、
景勝は自分の息子同然の幸村に精一杯の尊敬とエールを送ったのです。
 
 
景勝のこのセリフ、幸村の耳に届いたらどんなによかったか・・・
しかし、届かないからこそ価値があり、放たれた言葉なんですよね。
きっと。 
  

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*