寝ている息子を抱いていると会社に縛られたくない欲望が加速する。

赤ちゃんを抱っこ パパになる

 

会社に縛られない人生を送りたい理由はいろいろあるけれど、やっぱり一番に思うのは、家族と一緒に過ごしたいから。さらにその想いが一番強まるのは、息子が僕の腕のなかですやすや眠ったときだったりします。

 

会社に縛られない人生を送りたいなんて、偉そうで大層で夢見がちなことだとわかっていながらも、どこかで「いつか辿り着ける」と信じています。

そのための1つがこのブログだったり、FXトレードだったりするのですが、最近は忙しくてブログの更新が滞りがち。FXは最近は安定して利益が出ていますが、言ってもこれは水物です。損が出る月ももちろんあります。

やはり、そうなると一番間違いなく実になるのはブログ。ブログはなんと言っても書けば書くほど積み上がって行く、資産となり得るものです。

なのに、最近は滞りがち。つまり、言っている(信じている)こととやっていることがまったくマッチしていない。そんな状況に非常にもやもやした日々を過ごしていました。

 

ですが、今日、休日ということもあり、ぐずる息子の寝かしつけするために抱っこしていると、泣いている顔を僕の腕と胸の間に押しつけるようにして、ギューっとくっついて来たのです。

この仕草にキュンと来ない父親はいないですよね。そして僕の場合は、もうひとつ、違った感情が胸の奥の方からザクザクっと湧き上がってきました。

 

絶対に会社で縛られる生活を脱して、この息子や妻のそばにもっといられる人生を送りたい!

 

という感情です。

なんと言っても、人生は一度きり。どんな人生を送っても、人生は一度きり。望まない人生を送ったからといって「もうワンチャンあげるよ」なんて神様は言ってくれません。

金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで世界観と価値観をガラリと変えられてしまってから、一度きりの人生を会社で縛られて過ごすのはベストじゃないと、僕は知ってしまいました。

そうしたら、自分で稼ぐ力を身につけないといけない。

 

頭ではわかっているはずなのに、仕事が少し忙しくなるとブログの更新が滞ってしまいます。また、最近ではブログが少し成長してきたこともあって、つまらない記事は書けないな。とか、自己満の記事を書いてもな。と思ってしまうところも滞ってしまう大きな原因です。

読まれる、価値ある記事を書くことはもちろん重要なのですが、そのために書くクセが抜け落ちてしまうの一番避けなくてはならないことです。

僕にとってブログを書かないことは何も行動しないこととイコールです。行動しなければ人生は変わりません。

 

ということで、こんなどうってことない自己満足の記事を書きました。

でも、息子や妻を守ること。だからと言って仕事ばかりの父親にならないこと。それが僕の望む人生です。実現のためには、まだまだ行動してどんどん変わって行かなくてはなりません。

とりあえず、久しぶりに自分の想いをつらつら書くだけの記事を書くことができました。深く考えて書かないよりは、しょぼい記事でも1つでも増やした方がいい。

 

僕を信頼して身を委ねてくれる息子のために、今日も明日も、行動しなければ…!

 

 

 

コメント