歌詞学

歌詞学

Mr.Children「addiction」歌詞解釈。何かに依存する心との葛藤。何への依存なのかは人それぞれ。

「重力と呼吸」のアルバム曲から8曲目の歌詞学記事。今回は「addiction」です。“addiction”は英語で“依存”という意味の単語ですが、果たして何に依存していると捉えるとしっくりくるのか。と考えたときに、「結構なんでもしっくりくるな」というのが僕の感覚だったのです。なので、この曲は敢えて細かく妄想せずに、シンプルに依存心との葛藤というテーマで解釈していこうと思います。
歌詞学

Mr.Children「SINGLES」歌詞解釈。寂しさや悲しみは生きる上で必要な素材なんです。

「重力と呼吸」のアルバム曲から7曲目の歌詞学記事。今回は「SINGLES」です。綾野剛さん主演のドラマ「ハゲタカ」の主題歌だったこの曲。しかし、1話を録画をし忘れたことから見るのをあきらめてしまい、2話を録画して主題歌だけ聞いていました。ドラマのストーリーや世界観は持っていない状態で歌詞解釈を書いていきます。
歌詞学

Mr.Children「Your Song」歌詞解釈。その歌が“君の歌”になるラブソング

「重力と呼吸」のアルバム曲から6曲目の歌詞学記事。今回は「Your Song」です。この記事では「Your Song」の歌詞を素直に読み解き、ラブソングの歌詞であると解釈したうえで書いてみたいと思います。
歌詞学

Mr.Children「秋がくれた切符」歌詞解釈。歌詞から映像を想像するととても面白い曲です!

「重力と呼吸」のアルバム曲から5曲目の歌詞学記事。今回は「秋がくれた切符」です。 この歌詞、歌詞から映像を細かく思い浮かべるとすごく奥深くて面白いですよ!
歌詞学

Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」歌詞解釈。素の自分で振舞うことの可能性

「重力と呼吸」のアルバム曲から4曲目の歌詞学記事。今回は「海にて、心は裸になりたがる」です。 この曲の歌詞は「重力と呼吸」のなかでも非常に詩的な歌詞だと僕は感じます。なので、いろんな解釈の仕方があると思うのですが、そこはまた僕の独断と偏見で書いていこうと思います!
歌詞学

Mr.Children「皮膚呼吸」歌詞解釈。夢を追うための通り道に皮膚呼吸で得たかけがえのないもの。

「重力と呼吸」のアルバム曲から3曲目の歌詞学記事。今回はアルバムの最後の曲になっている「皮膚呼吸」を書きたいと思います。 イントロの優しいメロディがサビで一気に盛り上がる感じがたまらないですよね。そして、やっぱり歌詞が深くて素晴らしい!なんでしょう、30代になってストンと腹に落ちるというか、身に沁みるところがある歌詞です。 そんな「皮膚呼吸」の歌詞を独自解釈して人生の機微を学びたいと思います。
歌詞学

Mr.Children「箱庭」歌詞解釈。まだ別れた彼女のことしか考えられない自分を自覚するあの感覚

「重力と呼吸」のアルバム曲からの歌詞学記事。今回は「箱庭」です。 僕はミスチルの曲のかでも失恋の曲ばかり好きになる傾向があるんですよね。この「箱庭」も失恋ソングですね。しかも主人公の僕はまだまだ別れた彼女を引きずってる。 そんな「箱庭」の歌詞から人生の機微に触れたいと思います。