食べないダイエット実施。そこに言葉の力をうまく使いたい。

今日、突然上司のMに言われました。
 
「かずくん、嫌と思うかもしれないけど、太った?」
 
嫌だと思った。正直に嫌だと思いましたとも。
僕は本気になろうと思った。
~~ダイエットというのは世の中に数あるも、
シンプルに行こう。食べないダイエットだ。

スポンサーリンク

  
 
今年の健康診断で、昨年より5キロ増で目がぱちくりしたのが9月の話。
それから少しずつ間食を減らしているつもりですが、
貰い物のお菓子が結構な頻度で配られるんです。
 
断わるのもはばかられ、食べていたら、全然体重減らないのです。
まあ、当然といえば当然。
 
現在、身長173に対しで65キロ。
そう、とっても標準ですよ(笑)
ですが、1年前は60キロだったんです。
28歳アラサー。今は標準でも、この5キロ増は気持ち悪い。

このペースで増えたら大変なことになります。
5年後には90キロになっちゃう計算。これはヤバイ。
なまじ父親がリアルに今このくらいあるのが怖いのです。
父親も30代前半まではめちゃくちゃ細かったんのです。 
  
 

食べないダイエット。
しかし、3食は食べますよ。その量を意識して減らしたいと思います。
また、間食はなしにします。会社での貰い物のお菓子もシャットアウト予定です。
慣れるまでキツイ場面もあるとは思いますが、
そこに“言葉”の力を合わせて使ってみたいと思っています。
 
 
“言葉”の力とは何か。
実は、少し前にテレビでメンタルと脳科学専門の人が言っていたのです。
 
「僕自身、食べないダイエットをしたことがあります。
 お腹が鳴ったり、しんどいときは『よっしゃー!今おれ体重減ってる~!』
 と自分に言い聞かすと、脳が空腹状態を快適なものと認識し、
 食べなくても大丈夫な体質になるんです」

脳には快と不快のスイッチを入れる箇所があり、
空腹という不快な状態でも、言葉でそれが快適なのだと言い聞かせることで、
脳がいわゆる勘違いをして「空腹でも快なんだ」と思うそうです。
 
本当かなぁと疑っていたので、これはいい機会。
やってみようと思います。

 
机の隅には最近買ったMeltykissがあるのですが、
おいしいんですよね、コレ・・・。
KIMG1693
しかし、ここも誘惑に負けません。
さっそく、「食べたいの我慢してるおれカッコイイ」と言い聞かせてみたところ、
我慢する苦痛感をあまり感じません。変な満足感が湧き上がってきます。
 
言葉の力、本当なのか?
 
 
検証を兼ねて、習慣が身に着くと言われる3週間、続けてみようかと思います。
明日の朝はフルーツグラノーラだけにしようかな。
 




<関連記事>

食べないダイエット実施。そこに言葉の力をうまく使いたい。」への2件のフィードバック

  1. M.I.F

    (今の)かずさんとほぼ似たような体型しています。(171cm/69kg)
    太りにくい(痩せにくい)体質なので、高校の部活全盛期から3kgしか増えていませんが、
    構成が変わってしまったような気がするので、油断禁物でがんばらないと・・・です

    返信
    1. かず 投稿作成者

      そうでした。前にも互いの体型の話したことあったような気がします(^^)
      僕もめちゃくちゃ太りにくい体質なんですが、年を取るとそうでもないようです。
      僕は今ちょうど高校の部活の全盛期と同じですね(笑)同じく、構成が大きく変わっています。。。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください