直属の上司が甘酒を作ってくれる会社

そんな会社に僕は勤めています。
 
僕の直属の上司、Mさん(50代女性)は、
“窓からパンの塊を投げて鳥のエサにするという遊び”をする人で、
会議中に寝る人で、さらりと名言を放つ人です
 
そんなMさん、この度、ひょんなことで酒かすが手に入ったとのこと。
移動中の車のなかでそんな話を出され、僕は思わず、
「知ってのとおり僕は下戸ですけど、甘酒は好きなんですよね。
 小さいころに、亡くなった祖母が甘々の甘酒を作ってくれて、それが大好きでした」
と話しました。

スポンサードリンク

 
すると、目を輝かせるMさん。
「ほんと!?かずさんが甘酒飲むなんて!なら今度甘酒作ってきてあげるわ!」
と一言。
僕たちは目的地に着き、相手先との打ち合わせに入りました。
 
 
2日後の今日、
Mさんがカバンから取り出したるは、でっかい容器に入った乳白色の液体。
「ほら!甘酒!」
なんと、マジで作ってきてくださるとは。
恐れ多いご厚意に感激してしまいました。

「こんなことだけは仕事が早いんや。はっはっは!」
このとき、頭の中で僕も同じことを思っていたのは死んでも内緒です。でも書きます。
 
 
甘酒って、江戸時代までは夏の飲み物だったそうですよ。
夏の季語でもあったそうで、栄養豊富な甘酒は夏バテ予防にいいのだとか。
 
b77853da6c8e41ce27b951d68c2c64a7
(この写真はイメージです)
 
会社から帰り、冷蔵庫で冷やしておいた甘酒を一口飲むと、
キンキンに冷えていながらガもツンとくる甘々の味。
そしてお酒特有のあまい風味。
 
「う、うま~~!」
 
支社長!こりゃ傑作ですよ!
と、週明けに忘れず言おう。 
 
我が家はきょうだいも甘酒が好きで、
それも亡くなった祖母の甘々の甘酒の虜になったからなのですが、
母親は砂糖控えめで作ります。それも飲みやすくうまいのですが、
Mさんが作ってくれた甘酒は祖母の甘酒を思い出しました。
ちょっと泣きそうになったのも、内緒です。でも書きます。
 
 
就職活動中、「人間関係がいい会社か心配」なんて思っていたことは、
とっくの昔に忘れていました。
これからも可愛がっていただけるようにがんばらなくてはならない。
 
人望って、こんな感じで互いに作り上げるものなのですね。


直属の上司が甘酒を作ってくれる会社」への5件のフィードバック

  1. M.I.F

    甘酒ですかー。年始とかに神社でもらえたりしますよね。
    しかしながら甘酒は少し苦手です。(貰えれば飲むけど・・・程度で笑)
    お酒は飲むんですけど、なんでしょう、あの酒粕感?ですかね・・・。粕汁も苦手なんですよね・・・

    写真を見ると、甘酸っぱさ?を連想できてすごいおいしそうです。
    びっくり行動をするような上司さんですが、本当に良い人ですねー^^

    返信
    1. かず 投稿作成者

      甘酒は苦手でしたか。僕は子どものころから好きでしたね。
      逆にお酒は飲めません。だから、多量に飲むと甘酒も危険かもです(笑)
      糖分も気になりますしね。

      写真、なんかオシャレですよね。夏の飲み物とは意外でした。
      そうなんです、とてもいい人ですよ。尽くし甲斐があります。

      返信
  2. ピンバック: 味がおいしいと思って飲めるお酒は酔いにくい? | かずのUPノート

  3. ピンバック: 甘酒キャラメルがまんま甘酒の味でおいしい | かずのUPノート

  4. ピンバック: ローソンの日本酒ゼリーを食べてみた。 | かずのUPノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*