FXで4ヶ月連続黒字達成!僕が行った3つのポイント!これで勝ち組入り!?

FXトレードが絶好調です!2017年の9~12月は4ヶ月で連続黒字!毎月10%の運用に成功中!赤字成績ばかり積み上げるダメトレーダーでしたが、あるきっかけで僕のような会社員でも一気に黒字方向に成績が変わりました。そのきっかけを3つ紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「毎月10%の運用」というのが、すごい数字なのかどうか、いろんな見方があると思います。だけど僕はかなりの数字だと捉えています。
現在、僕の口座には約20万円が入っています。その10%ですから、毎月2万円がFXで稼げているということです。もちろん、口座の資金を50万円にすれば5万円、100万円にすれば10万円。300万円にしたら30万円!

ここまでくれば、もっとゆるい仕事に切り替えて家族との時間をガッツリ取れる人生も見えてきます。(←これが目標でFXやってるとこある)
まあ、まだまだ皮算用の段階ですが、4ヶ月連続。しかもかなり安定して勝てているということもあり、自分自身にとても期待しています。

前置き長くなりましたね。では、僕の成績を赤色三昧から黒一色に変えた理由ときっかけを3つ、備忘録も兼ねて書いていきたいと思います。

 

1 取引のマイルールが確立できた

まずはなんと言ってもコレですね。もちろん、今までの赤字成績のときにもそのときそのときでマイルールを持ってトレードをしていました。

でも、どれもうまく機能しませんでした。正確に言うと、月単位では機能しなかった。いい成績のときはいいのですが、悪くなると完膚なきまでにうまくいかず、結局マイナスになってしまうといった形だったのです。

しかし、昨年9月から試みたトレードルールがとても成績がよく、約3年のトレード経験のなかで最高の結果を残すことができました。
しかし、これも毎月安定していないと意味がありません。どこまでこのルールで行けるかと淡々とルールに則ってトレードを積み重ねたところ、なんとその調子のまま2017年が過ぎていきました。

僕のトレードはファンダメンタルズ無視のテクニカル分析のみなのですが、このルールがしっかりチャートの動きに噛み合っていて感覚があります。「感覚」と言っているうちはまだまだ実践と分析が足りないかもしれませんが、それでもこんな感覚は初めてですし、成績も安定して伴っています。

数えれば4ヶ月、連続で10%の黒字成績!勝ち組の景色が少し見えてきました。
それでこんな記事を書こうと思い、今書いているワケなんです。

 

2 マイルールを遵守できるメンタルがついてきた

「FXトレードにはメンタル(精神力)が大事」という言葉はよく見聞きしますが、今の僕はようやくそれを実感しています。

マイルールを決めていても、ふとチャート見ているときに「これ上がり過ぎじゃね?平均線から離れすぎてるし、もう落ちるだろ」とか「直近高値抜けたからここから加速して上がるはず!」とか、思っちゃうとき、ありますよね~。

で、それがなぜだかほぼ100%負けるんですよ。本当になんで?って思うけど、全然自分の予想通りにチャートが動かない。この経験を繰り返すたび、僕は「どっかでFXの神様がルール外の取引をしたおれに罰を与えておられる!」と思ったものです。

つまり、ルールを守る。ルール外の取引はしない。そんな鋼のメンタルをつけるには、FXの神様の罰を恐れること。
そして、機械になったつもりで、淡々とルールどおりのトレードを生産し続けるということです。この「機械になったつもりイメージ」は僕にとってとても有効でした。ポイントは感情を消すことです。これはオススメ。

チャートは世界中の人の欲望、恐怖、つまり感情で動いています。そこに巻き込まれていけません。自分だけは機械になったつもりで、淡々とルールどおりのトレードを“生産”するのです。

 

 

3 トレード成績をエクセルでつけはじめた

やってみて続かず、またやってみて挫折、そうしてやり切れていなかったのが”記録”です。勝てているトレーダーは必ずやっていることですよね。

ですが今の僕は、「記録化をしなければトレードをする意味なんて半分以上なくなってしまう」と考えています。変わったでしょう?(笑)

僕が記録に取りかかりながらも挫折してしまったのは、
①ルール外の取引をして勝率もメンタルもぐちゃぐちゃになってしまったから
②分析を細かくし過ぎて「イ~~!」ってなってしまったから
という原因があったからです。

なので今は、そのトレードをした日にち、エントリーした時間、通過ペア、売りか買いか、勝ったか負けたか、そして損益額。これだけのデータをエクセルにテケテケ打ち込んでいます。
月ごとにデータを分けており、その月が終わったとき、勝率や総損益額を計算式で出しています。

これで十分な分析と記録なのかはわかりません。しかし、これをすることで、実は2のポイントで書いたルールを守ることにもつながるのです。

なぜならば、ルール外の取引をしても記録に残せないからです。記録はそのルールがどのくらいの勝率を上げれるかを分析するためにやるものです。だから記録に残せない取引で勝っても意味がないのです。
むしろ記録が乱れるのでルール外の取引はしないでおこうという考えができるんですよね。

なので、機械的にルールを守ることと、記録をつけることは互いに作用し合っている関係だと言えます。機械的にできなきゃ記録をつけれないし、記録を残さなきゃルールを無視して感情のままに取引してしまうことにつながりますからね。

スポンサードリンク

まとめ

長くなりましたが、以上が僕の赤字成績を連続黒字に変えてくれた3つのポイントでした。
おさらいをしておきますと、

1 取引のマイルールをカチッと確率させること
2 そのルールを守れる鋼の(機械的な)メンタルを持つこと
3 簡単でいいからトレードごとの記録をつけること

となります。4ヶ月連続黒字、しかも10%の運用目標を達成しているこの戦績、どこまで続けられるかは、きっとこの3つのポイントを忘れずにやっていけるか、これにかかっていると思っています。


FXで4ヶ月連続黒字達成!僕が行った3つのポイント!これで勝ち組入り!?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2018年1月。暴落騒ぎの仮想通貨と僕のマイペースFXトレード | かずのUPノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*