FXトレードの連勝と連敗。それぞれの場面でのメンタルの保ち方

FXと連勝と連敗時のメンタル FX

 

FXのトレードをしていると、飛び跳ねて回りたくなるような連勝と、アリ地獄にはまって「誰か助けてー!」と叫びたくなるような連敗のどちらも経験することになります。今回は、連勝と連敗それぞれの場合でのメンタルの保ち方について書いていきたいと思います。

 

FXをはじめて早3年以上が経ちました。ここ3ヶ月ほどは安定して利益を重ねることができています。ええ、やっとこの域に片足が乗っかったような感じです。

このまま今の手法を淡々と積み重ねて、もう片足も引っ張り上げて、どっしりとこの域に仁王立ちしたいものです。

この3年ほどの間に、連勝、連敗どちらも経験しました。もちろん、圧倒的に連敗の経験が多かったです(笑)でも、まだあきらめずにFXを続けています。そしてその結果、少しずつ勝てるようになってきました。

これまでの経験で言えるのは、FXのトレード結果は、メンタルの影響をもろに受けるということ。メンタルが荒れれば結果はとことん悪化します。反対にメンタルが静かに安定していると、結果も安定してくるのです。

このメンタルが荒れやすくなるのは、ずばり、トレード結果が偏ったときです。異様に勝ち続ける。異様に負け続ける。これらが起こったときですね。

今回は以上の僕の経験を踏まえて、連勝時、連敗時でもメンタルを安定させる方法を書いていきます。

 

連勝時のメンタルの保ち方

連勝のときにメンタルを保つ必要なんてあるの?と思う方もいらっしゃるでしょう。その調子、イケイケドンドンで行っちゃえばいいんじゃない?って。

もちろん、連勝は結果として素晴らしいことです。勝ち続けているんですから、これ以上ない結果と言えるでしょう。

問題になってくるのは、連勝したときの“高揚感”や「おれはもう勝てる!」といった“思い込み”です。

高揚感や思い込み。これらがあなたの心の中に湧き起こっているということは、すでにメンタルに波風が立ち始めている証拠です。この波風がだんだん大きくなって、以降のトレードに悪い影響を与えます。

悪い影響とは、この調子でもっと稼ぎたい!という欲が出てしまうことです。

欲が出ると、どうなるか。というと、トレード回数を増やそうと考えるんですよね。

いつもとは違うルールで余計なトレードをしてしまったり、ギャンブル感覚で普段しないスキャルピングに手を出してしまったり。

その結果、僕の経験ではほぼ100%で損をします。しかも大抵それは大損になります。その手痛い僕自身の経験を書いた記事もあります。

関連記事 ⇒ 『FX成績が絶好調から大転落。1分足で悪夢の連敗。その失敗談のすべて』

例えば、いつもとは違うルールで最初の何回かは勝ったとしても、どこかで負けが出たときにその分を取り戻そうと躍起になってしまうのです。で、さらにトレード回数を増やして負けを増やしていく。そんなドツボにはまってしまいます。

なので、もし連勝という嬉しい結果が出た場合には、冷静になってこう思うことにしましょう。

連勝はただの結果。次のトレードの勝ちを保証してくれるわけではない!!

その後も淡々とルールを守って、いつもどおりのトレードすることで、メンタルも、そしてトレード成績も一定に保たれます。

 

連敗時のメンタルの保ち方

では、連敗のときにはどうメンタルを保てばいいのか。

連敗はつらいですよね。負けが続くと、今度はいつ勝てるのか…。次も負けたらどうしようという不安でなんだか吐きそうになりますもんね。

そして一番厄介なのが、「このルールで本当に勝てるのか?」と考え始めてしまうこと。せっかく自分が勝ちやすいルールや手法を見つけても、連敗が続いたことでそのルールを投げ出してしまうのは、かなりリスクが高いです。

FXをある程度経験している人はわかると思いますが、聖杯探し(必ず勝てるルールを探すこと)ほどつらく、成果が上がらないものはありません。だって、聖杯なんてないのです。

繰り返します、聖杯はありません。

なぜなら、あればとっくにみんなそのルールを使っています。そして、そんなみんなが使うルールなんてのがあれば、その裏をかいて自分だけ大儲けしてやろうという人が出てきます。だから、聖杯はないというより存在できないのです。

聖杯がないということがわかれば、やはり自分で勉強したり、検証したりして信じたルール以外、頼るものはないということになります。

やっと見つけたそのルールを、負けが続いたからと手放してしまうのは非常にリスキーです。また一からやり直すということですからね。

ある程度の検証で結果が出るようなルールならば、実際の相場でトレードを重ね、検証を積み重ねて精度を磨き上げて行くことが大事です。

それでも負けが続いてルールが信じれなくなったときは、こう考えましょう。

プロでも100%勝てるトレードはできない。負けは付きものなら連敗しても仕方ない。さ、次のルールに合う相場はどこかな?

 

まとめ

連勝時と連敗時のメンタル保ち方について書いてきましたが、つまりはどちらのときでも、今のルールを冷静に淡々と積み重ねよう。という一言に尽きるのだと思います。

メンタルを崩すと、必ずトレード回数を増やしてもっと設けてやろうとか、損を取り戻そうとか考えてしまいます。

そしてこのときって必ず恐ろしい結果が待っているんですよね。

だから、連勝や連敗が起こったときでも、今のルールでのトレードを続けて、成績の検証をしっかり積み上げることだけに意識を向けましょう。

FXをギャンブルでなく投資や運用だと考えれば、検証のできない突発的なトレードなんてやる意味ないですからね。

 

 

コメント

  1. […] 関連記事 ⇒ FXトレードの連勝と連敗。それぞれの場面でのメンタルの保ち方 […]