FXの4時間足トレードは勝ちやすいけど毎回の結果が出るのに時間がかかるのに注意

FXの4時間足取引は時間が早く経ってほしい

FXトレードで大失敗を経験し、これまでの短い足でせこせことしたトレードから一転、現在は4時間足を使ったトレードをしています。結論から言うと、戦績は上々。しかし、1つ欠点がありまして…。しかもこの欠点、メンタルに関わるので克服が厄介なんです。

スポンサーリンク

 

月20%の戦績が出た

短い時間足での大失敗を反省して、現在採択しているのは4時間足を使っての極々シンプルなルールでのトレード。

関連記事 ⇒ FX成績が絶好調から大転落。1分足で悪夢の連敗。その失敗談のすべて

実際のトレードと検証をすること3ヶ月。なんとこれがひと月で口座の資金の20%に迫る戦績を出す月がありました。他の月でも、2%、5%と、ちょっとむらっ気がありますがとにかく毎月黒字となっています。

ちなみにですが、僕のFX資金は50万円。その20%というと、10万円!ひと月に10万円の利益が出る戦績!ということです。これはチョットものすごい。

・・・しかし、じゃあ僕が実際に10万円の利益を手に入れたかというと、そうではないのです。

どういうことかというと・・・

 

決済ルールが守れない

原因はこれなんです。

つまり、20%の戦績が出た。というのはあくまでもルールどおりにエントリーし、ルールどおりに決済した場合のこと。「僕がルールどおりにトレードをしていれば20%の利益を得られた」ということなんです。

エントリーはやみくもにはできないので、ルールどおりに入ることができるのですが、問題は決済の方。ちょっと利益が乗ったとき、どうしても「このまま伸びるかな?ちゃんと利確位置まで伸びるかな?」と心配になってしまうのです。

そんなときに、少し戻ってしまったりすると、本当はあらかじめ入れてある決済注文にかかるまで待たなくてはいけないのに、「うわ~!」となって成行決済してしまうのです。

一方で、反対に損失側に動いているときは、あらかじめの損切り位置にかかるまでキッチリ待ってしまうんですよね。

まさにプロスペクト理論のとおりの行動。結局決済ルールどおりに決済しないものだから、20%(10万円の利益)の戦績が出たはずの月も、実際に得た利益は2万円でした。

ルールさえ守っておけば・・・

 

4時間足だから決済までには時間がかかる

僕が待てなくなってしまう原因は、エントリーから決済までに時間がかかるから。

その時間の間にチャートの進捗状況を見てしまうと、「なんか戻りそうだし、もう今利確した方がいいんじゃないか…?」などと考えてしまうのです。

しかし、これは4時間足というそもそも長い時間足でトレードをしているので当然です。避けて通れない宿命ですね。

FXをしていると本当によく思うのですが、何もしないで待つことが本当に難しい!!

チャートを見ていると、余計な感情や余計な予測をしてしまいます。そうすると、何か対策を取りたくて余計なことをしてしまいます。

そういえば僕、過去にこんな記事を書いていました。

関連記事 ⇒ OCO注文を入れた後にチャート画面を見てはいけない4つの理由

今この記事を読んでみると、当時の僕、めちゃくちゃいいこと言ってますね(笑)自分に言い聞かせる部分もあって書いた記事ですが、未だに実践できていないということか・・・

 

1回のトレードで2回以上予測をしない

この“待てない”症状を克服する鍵は、もうメンタルしかないわけです。

そのためには、エントリーして決済注文も入れたら、もう余計にチャートを見ないこと。

そして、1回のトレードで2回以上予測なんてしないこと!

これだと思います。

エントリーした時点で、上がるか、下がるか、どちらかの予測をしているワケです。1回予測して(ルールに沿って)トレードを開始してから、「やっぱり上がらないかな」なんて2回目の予測はしないこと。

1回目の予測がズバリ当たっていた場合、早く利確しているとめちゃくちゃ後悔しますもんね。

こう考えることで、決済までしっかり待つことができ、ルールの戦績どおりの実際の利益が得られるのかなと思います。

明日からのトレードはこれを肝に銘じて、ルールどおりの決済ができる…はず!

 

PR ⇒ 【考えないFXトレード】