FXの初心者さんにスキャルピングをオススメしない理由2つ

FXでスキャルピングはおすすめしない

 

エントリーして数秒から数分で決済をするスキャルピング。FXを始めたころはこのスキャルピングが一番儲かると思い、試行錯誤していた時期がありました。しかし、結果は大損するばかり。僕はこの失敗には明確な理由があったと分析しています。それを踏まえて、FX初心者さんに僕はスキャルピングをオススメしません。

スポンサーリンク

 

なぜオススメしないか。その結論を一言で言うと、スキャルピングで利益を出すには、かな~り高度なテクニックと強靭なメンタルが必要になってくるからです。

この記事では、テクニックとメンタルの2つの側面から、スキャルピングを初心者さんにオススメしない理由を書いていきます。

 

トレードルールがブレやすい

まずはテクニックの部分です。

FXをしっかりとした投資と捉え、利益を確保していくためには、絶対に確固たるトレードルールが必要です。どんなトレードルールにするかは自由でいいです。ボリンジャーバンドでも一目均衡表でも、ストキャスティクスでも。あなたに合う、得意な指標を使えばいいです。

大事なのは、そのルールを自分でカッチリと決めること。そして、決めたらブレないこと。

で、このブレないというのが、スキャルピングではかなり難しいんですね。

これは僕の経験でも数えきれないほどあったのですが、例えば「ボリンジャーバンドの±2σに接してから反発したら逆張りでエントリー」と決めたルールなのに、気付くと「正確には2σに接してないのにエントリーしてしまっていた」ということが起きてきます。

その原因は、スキャルピングゆえに取引回数が多くなることで、チャートをずっと見ている間に、自分で決めたルールに似た形がどんどんやって来るからなんです。

似ているだけで、本当は自分のルールとは違うチャートの形なのに、トレードを何度も繰り返す中でその判断が鈍くなってしまいがちなんです。

また、スキャルピングは秒単位の判断が必要です。急いでエントリーしてから冷静にチャートを見てみると、ルールと全然違うエントリーをしていることに気づくなんてこともありました。

FXの経験を積んでわかったきたのが、トレード回数は少ない方が成績が上げやすいことです。慌ただしい気持ちで1日20回のトレードをするより、落ち着いて狙いすまして1日1回のトレードをした方が断然勝ちやすいのです。

 

メンタルがボロボロに崩れやすい

次はメンタルの部分です。

スキャルピングでは短期間に何度もトレードをします。つまり、短期間に何度も勝ち負けを繰り返すワケです。

FXトレードの勝ちと負け。これはメンタルをグイグイこれでもかと刺激してくる厄介なヤツらです。

過去にこんな記事を書いていますが、まさにコレ。

関連記事 ⇒ FXトレードをする人間のメンタルはさながら「イライラ棒」である。

勝つと「よっしゃー!もっと稼いでやる!」
負けると「くそー!取り返してやる!」

自分のお金のことですからね。これはどんなにメンタルを鍛えても、絶対にどこかで考えてしまうことです。

スキャルピングだとこの気持ちの浮き沈みを何度も繰り返します。一番ヤバいのは、やはり負けが続いたとき。お金が減るという焦りと不安はトレードに大きな影響を与えます。

焦りと不安が募った人がどんなことをするかというと、もうトレードルールなんてなかったも同然。そのときそのときのチャートで上がるか下がるかを勝手に予測し、とにかくトレード回数を増やそうとします。

いわゆるポジポジ病ですね。そしてポジポジ病は僕の経験上、ものすごい規模の損をします。

僕はこれのせいでFXをやり始めて累計30万は無くしています。勝てるようになってきた今も、この30万はまだ取り戻せていません。

ただでさえ短期間でポジションをたくさん取るスキャルピングですから、ポジポジ病にめちゃくちゃかかりやすいんです。このときの精神状態はもう経験したくないほどマジでやばいですよ。。

 

初心者は1時間足以上の時間足で

テクニックとメンタルの両方から、初心者さんにスキャルピングはオススメできない理由を僕の経験を踏まえて書いてきました。

では、初心者はどんなFXをしたらよいのか。

それは、1時間足以上の時間足でじっくりチャートを見て落ち着いたトレードを重ねること。僕が初めて月単位で利益を出せたのは1時間足を見るようになってからでした。

5分足でも15分足でも、30分足でもトレードをした時期がありましたが、1時間足にしたところで突然勝てるようになりました。やはり落ち着いてチャートに迎えるし、時間が長いと動きも読みやすくなるのです。

さらに現在では、僕は4時間足を使っていて絶好調です。4時間足トレードに転向したばかりのときにこんな記事を書いています。

関連記事 ⇒ FX大転落からどう立て直す?4時間足を使ったトレードに転向

今では少しルールに改良を加えていますが、これが僕の転機だったと思っています。やはり長い足は読みやすい。

スキャルピングで短い足ばかりを見ていて利益が出せていないという方は、ぜひ4時間足を見てみてください。見やすさが全然違うはずです。

 

 




<関連記事>