FXトレード記録【2019.1.7~1.11】4時間足の押し目買い手法

FXトレード記録

かずの独自の手法『4時間足の押し目買い手法』を使ったシンプルトレードの実践記録。

2019年の2週目。ファンダメンタルは無視の僕のスタイルですが、先週のドルの下がりの影響をいろんな局面で受けていたのは明白。

そんな2019.1.7~1.11の1週間です。

※今回からトレード記録の画像のアップの仕方を変えました。見やすくしたつもりなので、ご了承ください。

手法概要

<前提条件>
※通貨ペアはほぼなんでも対象
※チャートの形だけを根拠にエントリー
※ファンダメンタルズ分析はしない
※スマホアプリのみでトレードを行う

<手法>
①4時間足のローソク足と20本単純移動平均線を表示
②20本平均線に傾きがあり、ローソク足が平均線でトレンド方向に反発したらエントリー。押し目買い・戻し売りの手法
③損切りは直近の高値or低値
④利確は損切り値の2倍

 

今週の結果総計

今週は、5回のエントリーで結果は1勝4敗でした。

現在、損切りは-10,000円、利確は2倍の+20,000円になるように、ロットを調整してエントリーしています。

よって、未決済のエントリーを除くと、損益は-20,000円となりました。
(※もちろん端数はありますが、ここでは割愛します)

2019.1.9(水)①


(画像はクリックで拡大できます。)

ドル/円の4時間足です。

エントリー直前の足が長めの下ヒゲを残して20本平均線で反発。買いエントリーです。

直前の高値が以前の高値を更新していることもあり、うまく上昇してくれるはず。

とも思いましたが、少しレンジで揉んだあとに下げていってしまいました。

負け。-10,000円です。

 

2019.1.9(水)②

ニュージーランドドル/円の4時間足です。

エントリーの2つ前の足が長めの下ヒゲの陰線で平均線と反発。ちょっと不安があったので、さらにもう1本待ってみたところ、陽線で確定したので、それを見て買いエントリーです。

本当にルール通りなら反発している陰線でエントリーするところなんですが、ちょっと様子を見てしまいました。

しかし、問題なく上昇!

勝ちました。+20,000円です。

 

2019.1.10(木)①

ユーロ/豪ドルの4時間足です。

平均線を下から抜けて、そのままキレイに乗っかったのを見て買いエントリーです。

しかし、ちょっと上がってから急降下。

負け。-10,000円です。

2019.1.10(木)②

豪ドル/ドルの4時間足です。

エントリーの2つ前の足が陰線ですが長い下ヒゲで反発した形で確定。しかし、ちょっと様子見でもう1本待ちました。すると次の足は陽線で確定したので買いエントリー。

長い結果待ちとなりました。利確の一歩手前で戻ってきてしまい、1週間ほどもかかった結果、残念ながら損切りに引っかかりました。

結果的に言うと、ルール通りなら、今回エントリーした足の2つ前の陰線が平均線で反発しているので、ここでエントリーすべきところ。でもって、ここでエントリーしていれば勝てていました。

なんとも残念。やはり自分の勘は働かせず、ルールはきっちり守るべきですね。

ま、そんなこんなで結果は負け。-10,000円です

 

2019.1.11(金)

トルコリラ/円の4時間足です。

エントリー直前の足が下向きの平均線で反発し、陰線で確定。陰売りエントリーです。

しかし、これがすぐに上昇。平均線もぶち破りました。

負け。-10,000円です。でも今は下がっているという、まあ、もどかしいですがあるあるですね。

 

反省

ルールを少し緩めてしまったことで、すでに勝てていたトレードが現在も約定せずにいます。

ルール通りしていれば今ごろは2勝3敗。+10,000だったことになるのでちょっといいチョコレートでも食べながらこの記事を書いていただろうに。いや、まだ勝てないとは決まってないのですが。

ルールはちゃんと守らんとダメですね。何が一番ダメって検証にブレが出るから。これはイカン。

まあ、年の始めに反省点が見つかってよかったよかった。(無理やり感)

 

コメント