FXトレード記録【2019.3.11~3.15】4時間足の押し目買い手法

FXトレード記録

かずの独自の手法『4時間足の押し目買い手法』を使ったシンプルトレードの実践記録。

3月の前半の週。エントリー数は4回とちょうどよい感じでした。

それでは2019.3.11~3.15の1週間の記録です。

手法概要

<前提条件>
※通貨ペアはほぼなんでも対象
※チャートの形だけを根拠にエントリー
※ファンダメンタルズ分析はしない
※スマホアプリのみでトレードを行う

<手法>
①4時間足のローソク足と20本単純移動平均線を表示
②20本平均線に傾きがあり、ローソク足が平均線でトレンド方向に反発したらエントリー。押し目買い・戻し売りの手法
③損切りは直近の高値or低値
④利確は損切り値の2倍

 

今週の結果総計

今週は4回のエントリー。結果は、2勝2敗で上出来でした。

現在、損切りは-10,000円、利確は2倍の+20,000円になるように、ロットを調整してエントリーしています。

よって、損益は+20,000円となりました。
(※もちろん端数はありますが、ここでは割愛します)

先週から引き続きのプラス。いい感じで3月前半が過ぎていきました。

2019.3.11(月)

ドル/フランの4時間足です。

上向きが続く移動平均線の上で、同じ長さで陰線⇒陽線と続きました。陽線が反発の前兆と捉えて買いエントリー。

1回損切りギリギリまで迫ってきた場面があったのですが、終わってみれば陽線。その後はまたグイグイ上がってくれて、めでたく利確。

勝ち。+20,000円です。

 

2019.3.13(水)

南アフリカランド/円の4時間足です。

上向きになりかけた移動平均線に少しタッチする形の陰線と、そのあと陽線が現れました。反発して上に行くと予想できるので、買いエントリー。

順調に伸びてもうちょっとで利確…!と思っていたところでまさかの急降下。平均線も下に抜け、損切りLINEも突破されてしまいました。

負け。-10,000円です。

2019.3.14(木)①

ニュージーランドドル/ドルの4時間足です。

上向きが続いてきた移動平均線。コマの形のような陰線のあとに、同じようにコマ型の陽線が現れました。しかもこの陽線は平均線にタッチしてから反発して終値をつけています。これを反発と捉えてエントリー。

結果、こちらも1つ前とまったく一緒。順調に伸びてもうすぐそこで利確する…!というところで急降下…。しかもその急降下具合がすさまじいんですよね。一気に損切りラインも超えて行ってしまいました。

負け。-10,000円です。

 

2019.3.14(木)②

ユーロ/豪ドルの4時間足です。

上向きになりかけた移動平均線に、ちょんとタッチした陰線。この長い下ヒゲが反発を示唆しています。しかし、1テンポ待ちました。下ヒゲが長いとは言え、実体もそれなりの長さがある陰線でしたので、下に行く可能性もまだ高いかも…と思ったのです。

そうしてもう1本ローソク足を待つと、同じく下ヒゲが長いトンボ型の陽線となりました。長い下ヒゲにトンボ型。これは典型的な上昇サイン!と判断し、買いエントリー。

結果、今回は気持ちよく伸びきってくれました。こういうエントリーばかりだといいですね。そんなことしたら一気に億万長者ですが(笑)

勝ち。+20,000円です。

 

反省

今回の4つのエントリーはどれも典型的な反発の前兆を見つけることができたエントリーだったと思っています。

前半2つが似た長さの陰線⇒陽線となるいわゆる“はらみ線”。後半2つが下ヒゲの長い足の出現。さらに平均線にそっと触れて戻っていく形。どれも上昇するサインと見ることができます。

今気づけば、今週は全部買いエントリーでしたね。

結果については、僕たちトレーダーは見守ることしかできないワケですから、気に病んでも仕方ありません。淡々とトレード記録をつけるのみです。

損益比1:2で2勝2敗の5割の勝率ならば、かなり上出来です。こんな週ばかり続くといいなぁ。とか虫のいいこと思っちゃいますよね。

では、今週はここまで。

3月の現時点の成績は+60,000円。

2019年の現時点の成績は+120,000円です。

 

コメント