FXトレード記録【2019.3.25~3.29】4時間足の押し目買い手法

FXトレード記録

かずの独自の手法『4時間足の押し目買い手法』を使ったシンプルトレードの実践記録。

3月も終わりに入った週。エントリー数は3回と先週に続き少なめでした。

それでは2019.3.25~3.29の1週間の記録です。

手法概要

<前提条件>
※通貨ペアはほぼなんでも対象
※チャートの形だけを根拠にエントリー
※ファンダメンタルズ分析はしない
※スマホアプリのみでトレードを行う

<手法>
①4時間足のローソク足と20本単純移動平均線を表示
②20本平均線に傾きがあり、ローソク足が平均線でトレンド方向に反発したらエントリー。押し目買い・戻し売りの手法
③損切りは直近の高値or低値
④利確は損切り値の2倍

 

今週の結果総計

今週は3回のエントリー。結果は、1勝2敗とレシオ2の現在のルールでは±0の成績になりました。

ということで損益は0円でございます。

もう少しエントリー回数がほしいところですね。5日あれば1日1回はエントリータイミングがあると理想なのですが。まあ、それはチャートの形次第なので仕方ありません。

では、各トレードの結果と状況を見ていきたいと思います。

2019.3.26(火)

南アフリカランド/円の4時間足です。

角度のある下向きの移動平均線。これを少し突き抜ける形の長い上ヒゲをつけた陰線が確定しました。これを見て売りエントリーです。

また、2本前の上下のヒゲの長いコマ型の陽線があることもプラス材料として捉えました。同じように平均線を越えたあとに長い上ヒゲをつけて下に戻されていますからね。

結果は、見事読み通りでした!エントリーした直後は下がったと思えば上がったりでヒヤヒヤしましたが、ガクンと下がる大陰線が出てくれて利確となりました。

勝ち。+20,000円です。

 

2019.3.28(木)

ドル/円の4時間足です。

ローソク足が移動平均線を上に抜けてきた場面。平均線も上向きになりはじめたところで、陽線が現れました。これを見て買いエントリーです。

しかし・・・すぐ次の足で損切りラインにかかってしまいました。

「ダマシを喰らったか…」と思ったのですが、しばらくしたらめちゃくちゃ上げてる!損切りラインにわざわざ触れてから予想通りに動いていく。何とも切ないパターンですが、あるあるなんですよね。受け入れるしかありません。

負け。-10,000円です。

2019.3.29(金)

ドル/フランの4時間足です。

上向きの移動平均線がしばらく続いている場面。ここで安値がちょうど平均線で止められた陽線が出現。これを反発のサインと見て買いエントリーです。

1日以上もみ合ったあと、損切りにかかってしまいました。

だけどそのあとの動きは・・・またコレか!!

もう、結局上に行くならお願いだから下に寄り道しないで素直に上行ってくれ!という形です。2度続くとさすがにつらい。予想は外れてないのに負けるというもどかしさ。相場って怖いですね。

負け。-10,000円です。

 

反省

非常にもやもやするトレードが3回中で2回も現れて、もどかしい1週間となりました。

でも、逆に言うと3回中3回とも、予想は外れてはいない。とも言えるのかもしれない。負けは負けなんですけどね。

良くも悪くも、FXは結果がすべて。逆パターンでラッキーな勝ちにあずかれることもあると期待して、3月を終わろうと思います。

3月の成績は+70,000円。

2019年の現時点の成績は+130,000円となっています。

 

コメント