Mr.Children「himawari」ひまわりの君と邪な僕。2人は対極のようで実は1つ

歌詞学

この記事は新サイト(ミスチル歌詞学)に引っ越ししました。

↓↓お手数ですが、記事はこちらからお読みください。↓↓

「himawari」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。過酷な運命を背負っている“君”と、そんな君に恋をしている“僕”。しかし、歌詞を深読みすると、そんな対極の存在であるような“君”と“僕”は、実はよく似ている存在、むしろ2つで1つの存在という捉え方ができます。

 

コメント