Mr.Children『空風の帰り道』歌詞学。「さよなら」も、君とならば愛の言葉

歌詞学

この記事は新サイト(ミスチル歌詞学)に引っ越ししました。

↓↓こちらのリンクからお読みください。お待ちしてます!↓↓

「空風の帰り道」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。“君”と過ごした楽しく充実した今日という時間。でも、その今日という時間が、今日も終わろうとしている。ひと時も離れていたくない人と、「さよなら」を言う時間になり、一人歩く帰り道。寒々しくて寂しい描写もありますが、そのなかにもどこか温かい前向きな気持ちがある歌詞です。

コメント