Mr.Children「ロザリータ」歌詞学。別れた彼女とのリアルな思い出集

歌詞から人生を学ぶ、かずの『歌詞学』です!
今日の教材はMr.Childrenの「ロザリータ」。リアル過ぎぬように「ロザリータ」という匿名を使って別れた彼女との思い出を引きずり出す主人公。その描写はとても“リアル”です。この歌詞について深読んでいきます。

スポンサーリンク

 

全体の解釈

まずはこの曲の歌詞から読み取れる世界観の全体像から書いていきます。
【歌詞全文はコチラ参照】

アルバム『SENSE』がリリースされ、初めてこの曲を聞いたとき、何を隠そう僕は大失恋のどん底にいました。なので、瞬きも忘れて歌詞カードを凝視しながらこの曲を聞き、「これはおれのための曲だ」と思ったとしても、誰も彼を責められないでしょう。

僕がこの曲を聞いてイメージするのは、歌詞にもあるとおり“どんよりと重い”、色彩に乏しい世界観です。鉛色のモノクロで、彼女とのそれはそれはリアルな思い出が描写される。失恋した者には重く響く歌詞だと思います。

 

歌詞の深読み

では、ここからはもちろん僕の主観ですが、歌詞をポイントでつかみながら、この歌詞の世界観を深読んでいきたいと思います。

 

あまりリアル過ぎぬように
いつの日か笑えるように
君の名は伏せるよ 匿名を使って

出だしの歌詞です。ここで「ロザリータ」というのは匿名、というか仮名だということがわかります。フランスとかイタリアとか、その辺りの女性のような名前ですね。もしかしたら、彼女にはそのような欧風な雰囲気があったのかもしれません。

 

曇った日の海のようにどんより
重く湿って気怠い
君のキスが胸を離れない

リアルです。重く湿って気怠いキスですか…。
この表現で、別れの雰囲気というか前兆のようなものを互いに感じていることが想像できます。

かつては心が浮き立つような甘いキスもあったことでしょう。ですが、主人公の記憶に濃いのは、この“重く湿って気怠いキス”なんでしょうね。ああ、切ない。でも、このリアルな描写と切なさが聞く人の胸に浸みます。

 

ロザリータ 僕のロザリータ
さよならなんて言わないで 恋多き女(ひと)

ここもリアルですよね。未練だらけの男の気持ちが。彼女の名前を匿名にすることによって、名前を連呼しやすくしたんですね。
そうか、恋多き女性だったか…。僕もだよ。僕も一緒だよ、主人公!当時、そうやって架空の男と互いの傷を慰め合いました。

やはり、魅力的な女性には恋の機会も多いもの。そんな女性にのめり込んでしまうと、気苦労は絶えません。ああ、そこもわかるよ主人公…。

 

この部屋の鏡に映る退屈な男
君の部屋の鏡ならマシに見えたのに

ここの歌詞、グッとくるんですよね。これも個人的に共感できるから、というところもあるからかもしれませんが。

ちなみに「退屈な男」というのは、退屈を感じている男という意味ではありません。その男自身は退屈な人間であるという意味です。いきいきしていない、覇気がない。そんなぼんやりしたつまらない男。

それが彼女といたころにはマシだった。上に書いたように、恋多き女性ですから魅力的な女性なのでしょう。そんな彼女がとなりにいたころの男は輝いていたのです。

でも、それも過去の話。彼女を失った今、落ち込んで退屈な男になってしまったのを自分で感じて嘆いている様子が、このたった2行の歌詞でヒリヒリ伝わってきます。

 

甘い言葉 完璧な微笑み
そばかす 唇 下品に濡れる果実

ここの歌詞のリアルさのインパクト。強烈ですよね。
“僕”を幸せの絶頂に至らせる「甘い言葉」。そして「完璧な微笑み」。
ここまではなんというか、日常のと言いますか、健全な彼女との思い出ですね。

で、その次です。
「そばかす」「唇」…そして最後、「果実」

このパーツのチョイス、そして順序。完全にあのときの記憶を思い出していますよね。だんだん下に下がっていくというこの“男のリアルな記憶”。

にしても、「下品に濡れる果実」。スゴイ表現だ。。

 

曇った日の海のようにどんより
暖かくて凍えそうな
君の肉体(からだ)胸を離れない

この表現で、彼女との関係はもう良好ではなかったというのが読み取れます。まだつながっているけど、どこかに暗い未来の予兆がある。“最中”でもそれを“僕”は感じています。

そして、胸を離れず記憶に残っているのは、その時期の思い出だったりする。それ、なんだかすごくわかっちゃいます。もう本当に、僕もその彼女と別れたときには「この曲っておれのこと!?」と錯覚してしまうくらいリアルで自分にリンクした曲でした。

 

 

のめり込んでいた彼女との記憶。そして未練。胸を離れない甘い思い出。
そんな男のリアルな心情を生々しく表現した歌詞。「この曲っておれのことでは…」と思ってしまうのは、きっと僕だけでないはず。

でも、そんな苦みのある思い出も、人生の一幕にあってもいいのかもしれません。なんて、今では思いながらこの曲を聞いています。

 

関連記事 ⇒ Mr.Children「Surrender」歌詞解釈。病みつきになってしまった彼女に降伏