Mr.Children「ロザリータ」歌詞学。別れた彼女とのリアルな思い出集

歌詞学

この記事は新サイト(ミスチル歌詞学)に引っ越ししました。

↓↓記事はこちらのリンクからお読みください。お待ちしてます。↓↓

「ロザリータ」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。重く苦しい失恋ソング。そして溢れ出すような生々しさがとても特徴的なこの曲。歌詞にもある通り、“どんよりと重い”色彩に乏しい世界観を連想させられます。鉛色のモノクロでありながらも、彼女とリアルな思い出がくっきり描写される。聞く人それぞれの失恋の思い出を蘇らせる歌詞です。

コメント