Mr.Children「Surrender」歌詞解釈。病みつきになってしまった彼女に降伏

ミスチルのSurrender歌詞イメージ

 

歌詞から人生の機微を学ぶ、かずの『歌詞学』へようこそ!

今回の教材はMr.Childrenの「Surrender」。サビの部分のハーモニーがクセになる曲です。ちなみに“Surrender”は英語で“降伏”という意味。大恋愛ではないけれど、離れがたい存在になっていた彼女との別れを書いた歌詞、と妄想解釈しています。

スポンサーリンク

 

歌詞全体の解釈

まずはこの曲の歌詞から読み取れる世界観の全体像から書いていきます。
【歌詞全文はコチラ参照】

失恋の曲であることも大前提にありますが、「積乱雲」「暗闇」「雨」という単語からどんより暗いイメージを感じる世界観です。

同時に、この曲の主人公の失恋には、どこか気怠さがが漂っていて、まさに“降伏”という感じ、決して長くはない歌詞で、これらの情景を訴えてくるのはさすが桜井さん。

冒頭で僕が「大恋愛ではないけれど」と解釈している理由もちゃんと後で書きますね。

 

歌詞の深読み

では、ここからは、歌詞をポイントでつかみながら、この歌詞の世界観を僕の妄想をベースに深読んでいきたいと思います。

 

Coffeeぐらいで火傷したのが
動揺してる証拠なんだけど
さよならを君が急に云うからさ

歌い出しの歌詞。この出だしのフレーズがとても好きなんです。

たださよならを言われたと言うのではなく、コーヒーを飲んで舌を火傷したという表現…。本当に急な申し出で、主人公が完全に動揺して普段の動作もままならなくなってしまっている心境が想像できます。

もしかしたら、主人公は別れの予兆すらも感じていなかったのではないか。僕はそんな風に考えてしまいます。

 

笑い飛ばす事ができたなら
どんなにかグレイトな奴と思われるだろう?
でも僕は違う

急な別れ話。確かに、笑い飛ばす事できたら、男として器の大きさというか余裕というか、そんなものを感じさせる大した奴だと思いますね。

でも、残念ながら“僕”は違う。ちなみに僕も違います。たぶん主人公以上に動揺して、その場に座って彼女と向かい合っていることさえもままならないでしょう(類似の実体験あり)。

けど、そんなグレイトな奴、人間として可愛げがなさすぎですよね。余裕があり過ぎてムカつくというか。彼女に本当に惚れていたなら、所詮僕たち男はこんなグレイトな奴になれっこないんですよ。

なので、裏を返すと、主人公は彼女にすっかりぞっこんだったということになるのです。

 

もう土壇場
されどもうひと押し
けれど I Surrender

別れを切り出され、いきなり土壇場です。されど、もうひと押し、ねばっちゃう。男の性ですかね。いや、女性もそうなんでしょうか。誰か知っている方いたら教えてください。

でも、このもうひと押しが、別れを切り出した方にとってはとても醜いものに映ってしまうというのは有名な話です。「なんで?」「本当にもうダメなのか?」「ダメなとこ全部直すからさ」これらすべて逆効果。

ええ、知っています。僕の場合、直接相手にそう言われたことありますからね。「そういうところがダメなの」と…。そして、「I Surrender…」降伏するしかなくなります。

ちなみに、「I Surrender」は「愛されんだ」と響きをかけているという噂もあるみたいです。歌詞のつながり的には合わないんですけどね。

 

愛情なんてどうせイリュージョンだと
訳知り顔で暮らした日々は
君が白痴に思えもしたけど

僕が記事の冒頭で「大恋愛ではない」と書いた理由はこの部分です。

愛情なんてイリュージョンのように、すぐに消えてしまうものだ、とさも愛情とか恋愛について知ったふりをしていた主人公。そんな主人公からは彼女が白痴(=とても知能が低いこと)に見えた。

つまり、最初は彼女の方が主人公に恋心を抱いていたのです。むしろ、先にアプローチしてきたのも彼女の方だったのではないでしょうか。

でも付き合いが進むにつれて、彼女に病みつきになっていき、最後には想いの度合いが逆転したんですね。皮肉なことに、主人公が考えていたとおり、この愛情はイリュージョンだったことになります。

たぶん、イリュージョンの部分を見ていてもダメなんですよね。マジシャンの方をしっかり見て、目を離さないようにしないと・・・。

 

大嫌いなフュージョンで泣けそうな自分が嫌 イヤ

フュージョンというのは音楽のジャンルのこと。ジャズにロックやラテン、電子音楽などを融合した音楽のことです。

主人公はこのフュージョンが大嫌いだったのですね・・・。ということは、わざわざ自分で聞こうとするのは考えにくい。どこかの夜のバーあたりで流れてきて、嫌いなジャンルだけどメロディとか、歌詞とかで泣かされそうになってしまった。そんな光景が浮かんできます。

もっと突っ込んで妄想すると、彼女がフュージョンを好きだったのかもしれません。

 

暗闇を照らしてよ あの頃のように
君なしじゃ不安定なんだよ
一切合切を無くしても構わないと思えてたのに
そう信じれたのに

主人公にとって彼女の存在がどれほど大切だったかがストレートにわかる歌詞です。

「一切合切を無くしても構わない」は嘘ですね。そう信じれたのは、明らかに彼女がいたから。でも、その彼女を無くしてしまい、こんなにもつらい・・・。

ああ、切ないですね。

 

胸に無情の雨が降る
二人で過ごした日々は路上のチリのよう
流れて 消えて The Endさ

最後の歌詞です。なんとも重く切ない。

雨の日の路上のチリなら、流れて排水口に落ちて見えなくなりますが、彼女の面影や彼女との思い出はいつまでも脳裏から消えてくれません。

主人公にとっての本当の「The End」はいつやってくるのでしょうか。

 

 

最後に

気づけばほとんどの歌詞を抜き出してしまいました。「ポイントで書き出す」と言っておきながら、これでは逆に「あと1~2か所忘れてない?」と思われてしまいそうです。

でも、おかげさまで書きたいことは全部書きました。この曲大好きなんです。

いつもどおり、予定よりずいぶん長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 

 




<関連記事>