「day by day(愛犬クルの物語)」歌詞解釈。クルは奥さんに恋心を抱いていたのでは?

「day by day(愛犬クルの物語)」歌詞解釈。クルは奥さんに恋心を抱いていたのでは? 歌詞学

この記事は新サイト(ミスチル歌詞学)に引っ越ししました。

↓↓お手数ですが、記事はこちらからお読みください。↓↓

「day by day(愛犬クルの物語)」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。綺麗だったあの女性とは誰?それはいなくなった奥さんのこと。「奥さん」じゃなくて「綺麗だったあの女性」とクルが言うのは、クルがこの奥さんに恋心のような愛情を抱いていたからじゃないでしょうか。

コメント

  1. 匿名 より:

    旦那さん側の感じが強い気がするけど
    どっちかのお母ちゃんの心情が入ってても
    とらえれるくない?

    • かず かず より:

      匿名さん、コメントありがとうございます。
      夫婦のどちらかの母親ってことですか。なるほど。とらえられると思います!
      最近は僕も「他の第三者の目線なのかな」と思うようになりました。
      クルと旦那さんの家のご近所さんとか。

  2. 匿名 より:

    解釈ほぼ同じです
    一番の歌詞、週末毎にクルと一緒に旦那さんは奥さんのお見舞い?か何か会いに行ってたんじゃないかなって思いました
    そして淋しく夜はクルと奥さんを思いながら過ごした…
    そんな風に

    • かず かず より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます!
      ああ、なるほど。お見舞いですか…!それだと毎週出かけるのわかりますね。
      解釈似ていてうれしいです。切ないですよね。そこを犬で表現するのがなんともいいですよね。