Mr.Children「箱庭」歌詞解釈。まだ別れた彼女のことしか考えられない自分を自覚するあの感覚

Mr.Children「箱庭」歌詞解釈。まだ別れた彼女のことしか考えられない自分を自覚するあの感覚 歌詞学

この記事は新サイト(ミスチル歌詞学)に引っ越ししました。

↓↓お手数ですが、記事はこちらからお読みください。↓↓

「箱庭」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。主人公の“僕”は失恋を思い切り引きずっちゃってますね。そしてそれを痛いほど自覚しています。別れた彼女のことだけを考えて小さな世界観で生きている。これを“箱庭”と表現しているのですね。失恋を箱にしまうまで、思い出の箱庭にうずくまる時間があってもいいのではないでしょうか。

コメント