Mr.Children「皮膚呼吸」歌詞解釈。夢を追うための通り道に皮膚呼吸で得たかけがえのないもの。

Mr.Children「皮膚呼吸」歌詞解釈。夢を追うことは必要に応じて変化していくことだ。 歌詞学

「重力と呼吸」のアルバム曲から3曲目の歌詞学記事。今回はアルバムの最後の曲になっている「皮膚呼吸」を書きたいと思います。

イントロの優しいメロディがサビで一気に盛り上がる感じがたまらないですよね。そして、やっぱり歌詞が深くて素晴らしい!なんでしょう、30代になってストンと腹に落ちるというか、身に沁みるところがある歌詞です。

そんな「皮膚呼吸」の歌詞を独自解釈して人生の機微を学びたいと思います。

 

歌詞全体の解釈

まずはこの曲の歌詞全体を俯瞰します。

【歌詞全文はコチラ参照】

ガッツリと自分の内面と向き合い、哲学的に自問自答するような歌詞ですね。桜井さんの書く歌詞には結構多いパターンだと思います。パッと思いつくだけでも「ランニングハイ」や「ALIVE」とかがそうだと思います。

今の自分について疑問を持ちながらも、過去の自分を否定しない。理想の自分になるには、昔から持っている夢や信念も大事だし、でも現実とも折り合いをつけて生きて行かなきゃならない。

そんな葛藤に迷いながらもその状況をポジティブに捉えようとする主人公の姿が見える歌詞です。

 

歌詞の深読み

では、ここからは、歌詞を抜粋しながら、僕の独断でこの歌詞を深読みしたいと思います。

 

冗談だろう!?
もう試さないでよ
自分探しに夢中でいられるような
子供じゃない

この歌詞、30代になるとなんかすごくわかります。だから、僕のなかでこの歌詞の主人公は、僕と同じ30代に入ったくらいの男っていうイメージです。

理想の自分てこんな感じでいいんだっけ?と思いはじめると、もうとめどなくグルングルンします。

でも、今さら悠長に自分て何だっけ?なんて自分探しをスタートすることはできません。すでに作り上げてきたこれまでの環境を投げ出すには大人になりすぎてしまったからです。その環境でやりたいこともあったりするんです。

そして、僕みたいに妻子がいるよ。という立場からすれば、「ちょっと自分探してみる」なんてふわふわしたこと言ったらシバかれること間違いなしです。

 

このまま
変わっちまう事など怖がらずに
まだ夢見ていたいのに…

1番のサビの終わりの歌詞です。

今からまた夢を追うために行動するのは、当然ながら変化を伴います。その恐怖がある程度歳を重ねてからだとすごく大きいんですよね。

でも、人生で変化ってすごく大事なんですよね。それこそ、夢を叶えようとするならば、どこかで今の現状をはみ出さないと、いつまで経っても今の現状から抜け出せません。

変化を恐れずに行動することが、僕自身も一番大事なことだと思っています。ブログやFXで実力をつけ、会社員という既定路線を抜け出すには、変化を避けては通れませんからね。(がんばって言い切ってみた)

 

高架下は怒鳴り声にも似た音がして
時間(とき)が猛スピードで僕を追い越して行った

こんな危機感を持つこともありますよね。でもどのくらいの人がこの感覚を持っているでしょう。僕も日々の忙しさにかまけてぼんやり過ごしてしまう日もあるんですよね。

そんなときに、時間が轟音を立てて僕の横を通っていってくれたら、その危機感をひしひしと感じるのに。なんてこの歌詞を見て思いました。

でも実際に時間はとても静かに流れるんですよね。だけどそのスピードは容赦ないスピードです。

 

でも
皮膚呼吸して 無我夢中で体中に取り入れた
微かな酸素が 今の僕を作ってる そう信じたい

この歌詞がこの曲の神髄!だと僕はそう思って聞いてます。曲名の「皮膚呼吸」というワードが入ってるからというだけではありませんよ。

これまでの人生、夢は後回しにしてきた人生かもしれませんが、それでもそのときどきに皮膚から、つまり全身から酸素(=生きるのに必要なもの)を取り入れてやってきたとポジティブに捉えているところがこの曲の価値観を表現しています。

人生において、たぶん遠回りも失敗も無駄にはならないんですよね。それをポジティブに活かすことをちゃんと考えれば。そのことを力強い表現の歌詞で教えてくれています。

出力が小さな ただただ古いだけのギターの
その男こそ 歪むことない僕の淡く 蒼い 願い
サスティンは不十分で今にも消えそうであっても
僕にしか出せない特別な音がある

この部分は主人公の夢について表現されている歌詞ですね。

昔から変わらず持っている夢。でも端から見れば「何を今さら」と一蹴されてしまうような夢。

しかもそんな夢を持っている自分自身も、優れた人物ではなく、劣等感も多い人間だと自覚しています。ちなみにサスティンとは、ギターなどの楽器をジャーンと鳴らしたときに音が鳴り続いている状態のことらしいです。(Google先生に聞きました)

それでも、そんな自分だからこそできる特別なひとかけらのものがある!こういうところもポジティブですよね。人間、ポジティブさがあればだいたいやって行けるし、うまく行くと僕も信じています。

 

このまま
苦しみに息が詰まったときも
また姿 変えながら
そう今日も
自分を試すとき

そうなんですよね、夢を叶えるためにはストレートに進まないといけないことは全然なくて、いつか辿り着ければいいんです。焦る気持ちがあっても、それがあったために遠回りする必要に迫られることもあります。

だから、言ってしまえば近道も遠回りも実際のところはないのだと思います。最終的にたどり着くまでに、そのステップは飛ばせない手順なんだと思うんですよね。

だから、そのときどきに姿を変えながらやっていけばいいんです。それでも夢を追い続けられるか、それを常に試されているのがきっと人生ってものなんです。

 

まとめ

いつものことですが、書いていて一人でドンドン熱くなってしまいました。

この歌詞で僕が学んだのは、

①時間の流れは容赦がないこと。
②遠回りに見えるプロセスも必要なステップだと捉え、常に全身で何かを得ようとすること。
③そして、そのステップごとに自分を柔軟に変えていくこと。

の3つです。それでも胸のなかには耐えず目指す夢を持っていることが大事なんですね。本気で望んでいれば、忘れかけたときには“こめかみ”の奥から声がして、また思い出させてくれるのでしょう。

 

[PR]うたパス⇒“動く歌詞”を見ながら音楽聴き放題!月額300円。

 

 

コメント