Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」歌詞解釈。素の自分で振舞うことの可能性

Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」歌詞解釈。素の自分で振舞うことの可能性 歌詞学

「重力と呼吸」のアルバム曲から4曲目の歌詞学記事。今回は「海にて、心は裸になりたがる」です。

この曲の歌詞は「重力と呼吸」のなかでも非常に詩的な歌詞だと僕は感じます。なので、いろんな解釈の仕方があると思うのですが、そこはまた僕の独断と偏見で書いていこうと思います!

 

歌詞全体の解釈

まずはこの曲の歌詞全体について。

【歌詞全文はコチラ参照】

「海」「裸」「踊る」という自由で開放的な印象なワードと、「画面の表層」「デスク」「嫌なやつ」など、日常生活での鬱々としたものを細かく表現するワードのコントラストが好きです。この辺がとても詩的。

歌詞のニュアンスとしては、世間の波に揉まれ、自分よがりになってしまいがちな人も、海に出ればその小さくせこせこした人間のことを開放してくれるよ。ということではないかと捉えています。

多分、桜井さん自身も海に出かけて、このような心境になった経験があるのではないでしょうか。

 

歌詞の深読み

では、ここからは、歌詞を抜粋しながら、僕の独断でこの歌詞を深読みしたいと思います。

 

重箱の隅をつつく人
その揚げ足をとろうとしてる人
画面の表層に軽く触れて
似たような毒を吐く

この部分の表現すごく好きです。

「絶対2ちゃんねるとかそういう掲示板のページをスマホで見てるってことでしょ!」と突っ込みたくなるあたりです。

「画面の表層に軽く触れて」スマホの画面をスクロールしてるわけですね。そんで不祥事のニュースだか芸能人のゴシップなんかのニュースに匿名でやんややんや好き勝手言っている人のコメントを読んでるんでしょうね。

で、自分自身も「似たような毒を吐く」と。なんか俗世というものに取り込まれてしまっている自分に嫌気が差している人物を思い浮かべます。

 

沈みかけたオレンジ色の太陽を背にして
僕の影が砂浜で踊ってる

ここは多分、そんなせこくて小さくて俗世に取り込まれてしまっているような自分を解放したい!という気持ちを表現してるんだと解釈します。

あくまで、まだ「解放したい!」という願望なんです。だから「僕」自身ではなく「僕の影」が踊っているんです。

本心では、素の自分を解放して(=心を裸にして)、軽やかに踊るように生きて行きたい!という心境をこの2行で表現しているように感じます。

 

 

冷静に自分を客観的にみる回路を外して
君の影も今僕と踊ってる

ちょっと飛びますがこの部分の歌詞です。(サビの部分の歌詞は最後に触れます)

この「君」という人物は僕と同じ会社の同僚。という僕の妄想解釈ですが、きっと「君」という人物は、普段から冷静沈着で、きっちりと仕事をこなすデキる人なのでしょう。だけど、どこか小さくまとまってる。そして自分を出すことができない人物。

だけど、一緒に海に連れ出してきたら、少しだけ開放的になれて「君」の素の部分に触れることができたって感じでしょうか。

 

〇〇〇あなたにも
ほら世界は確かに繋がっているよ
(きっと世界はあなたに会いたがっているよ)

最後に、各サビの最後に来る歌詞です。

「消極的なあなたにも」「上から目線のあなたにも」など、全部で6つの「○○〇なあなた」が登場します。そして、続くのは「ほら世界は確かに繋がっているよ」と「きっと世界はあなたに会いたがっているよ」ですね。

これについては、この記事のタイトルに書いたとおり、素の自分をさらけ出せばそれで全然いいよ!って意味なんじゃないかな、と思っています。

取り繕ったり、これまでの人生でちょっと歪んでしまった性格だったり、たぶんどんな人にもあると思うけど、海に来ると世界が繋がっていることを感じることができる。

世界という広いステージと、そこに暮らす人々のことを思えば、取り繕ったりしない素のままの自分も、きっとどこかで受け入れてもらえる。あなたにはその価値があるんだよ!と桜井さんは訴えたかったのではないでしょうか。

 

まとめ

海に来ると素の自分でもやっていけるかな。と、ふと思わせてくれる。この歌詞では、そんな海への捉え方がなされていると思います。

それを一言でまとめると「海にて、心は裸になりたがる」となるんですよね。

そうやってこの曲を聴くと、もっと自分の思ったとおり、やりたいとおりに振舞っていかないと損かもな。なんて感じます。

明日のめんどうな仕事も、週末のデートも、スポーツの大事な試合も、自分の思うとおりに振舞ってやってみればいいじゃない!きっとどんな結果や気持ちが発生しても、それは世界や将来の自分から求められたものなんだと思います。

 

[PR]うたパス⇒“動く歌詞”を見ながら音楽聴き放題!月額300円。

 

 

コメント