Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」歌詞解釈。素の自分で振舞うことの可能性

Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」歌詞解釈。素の自分で振舞うことの可能性 歌詞学

この記事は新サイト(ミスチル歌詞学)に引っ越ししました。

↓↓お手数ですが、記事はこちらからお読みください。↓↓

「海にて、心は裸になりたがる」の歌詞から学ぶ
ミスチルの歌詞から人生の機微を学ぶ。海に来ると「素のままの自分でもやっていけるかな」と、その可能性をふと感じさせてくれる。このことを、「海」「裸」「踊る」という開放的な印象のワードと、「画面の表層」「デスク」「嫌なやつ」など、日常の鬱々としたものを表すワードのコントラストで描かれている詩です。

コメント