メダカ同士のいじめ解消に中景の水草を入れました。

悲劇のメダカ連続死事件を乗り越え、
現在のうちの水槽には、楊貴妃1匹となんちゃって3色メダカが5匹います。
 
しかし、楊貴妃1匹だけが他の5匹より体が大きく、
他のメダカを追いかけていじめるのです。
我が家のメダカの学校にも学校問題は広がって来ています。
 
CIMG3964

スポンサーリンク
 
右のが問題のいじめっ子、楊貴妃。
そのちょっと下に映っているのがなんちゃて3色メダカです。
 
 
体の大きい楊貴妃が他のメダカをからかっていじめる。
さながらジャイアンのような存在です。 
 

 
いや、この楊貴妃はメスなんですけどね。
 
 
とにかく、この状況は見過ごせません。
他の5匹がこれでストレスを感じてしまうと、また連続死の可能性もあります。
それだけは阻止せねば。
 
 

広場があるからいじめが起こる!?

僕の水槽はシンプルが信条。水草や装飾は最小限です。
 
KIMG1205
 
また、メダカにとっても広く自由に泳げる場所があった方がいいだろうと、
別にアンケートを取ったワケでもなく決めた結果がこんな感じ。
 
左に水草(マツモ)と土管のような形の備長炭。
その他はフリースペースです。
だって、公園にも遊具が隅に置いてあって、あとは芝生広場でしょ?
 
 
しかし、どうもこのフリースペースが広いために、
ジャイア・・・楊貴妃の目に他のメダカが映り、ちょっかいを出してしまうのではないか。
他のメダカも土管に隠れてばかりはいないので、
いじめがとても起こりやすい状況でした。
 
 

そこで、水槽の真ん中にワサっとした水草を投入

フリースペースの真ん中にワサっと広がる感じの水草を入れれば、
目隠しの場所が多くなって、ジャイ・・・楊貴妃も他のメダカの動きが
気にならなくなるのではないか。
そう考えました。
 
そうしてお店に急ぎ、買って来たのがこちら。
 
CIMG3982
 
ワサっとモサっとした水草。ブリクサ・ショートリーフです!
なんだか名前がキレイじゃないのですが、見た目は綺麗で癒されます。
そのワサっとモサっと感と、対応できる水温の幅が広いことで選びました。
「中景」と言って、水槽の中間に配置するのに適した水草だそうです。
 
 
さて、肝心のいじめはどうなったか!?
 
 
なんと!
きれいさっぱりなくなりました!

 
 
こんなに見事に解決するものかと、僕は自分の分析力に舌を巻きました。
 
 
ジャ・・・楊貴妃が落ち着いたのと、3色メダカたちにも安心感が見られます。
楊貴妃の目にはチョロチョロ映る動きが入りにくくなったし、
3色メダカたちも隠れる場所が増えて安心したようです。
 

今回のことでわかったこと

「メダカには隠れる場所を作ってあげると安心します」
ということが言われていますが、これは本当ですね。
これまで特に意識してなかったですが、いじめが起きたときには効果的です。
 
本当にぱったりといじめが止み、水槽に平和が訪れています。
 
水草は、もちろんブリクサ・ショートリーフでなくていいですが、
ちょっと大きめの影を用意してあげたのが良かったのでしょう。
 
中景の水草を配置したのは初めてですが、
水槽全体の見た目のバランスがよくなり、とても気に入っています。
もっと早く投入しておくんでした。
 
  
【関連記事】
メダカを海外旅行で1週間ほったらかし…。でも余裕で大丈夫だった件
メダカ水槽のエアーポンプは水作の「水心」一択で決まりでしょう。
メダカの水槽に塩を入れるのは本当に効果的