【軟毛とヘアワックス】ギャツビー ヘアジャム タイトニュアンス【レビュー】

軟毛とヘアワックス

軟毛で悩んできたかずのヘアワックスレビュー記事。今回紹介するのは「ギャツビー ヘアジャム タイトニュアンス」。

ジャムという名のとおり、はじめて手に取ったときの質感は驚きました。さらに、髪に伸ばしたときにもその伸びの良さとセット力にも驚きました。

七三や立ち上げのスタイル向けというイメージがありますが、自然な感じに仕上げるのにも使えます。かずとしては非常にオススメ度の高いワックスです。

 

オススメ度:★★★★★

 

長所

・伸びがよくてアレンジしやすい!
・つける量で軽さの調整ができる
・ほどよいツヤで自然で大人な仕上がりに
・いい香り
・洗い落ちがスムーズ

短所

・あまりつけすぎると軟毛には重い

 

コメント

<概要>
ヘアジャムシリーズも登場して数年経ちましたね。発売されたときには“ジャム”という商品名のインパクトがすごかったのを覚えています。

また、最初は3種類しかなかったのですが、今では5種類も出てますね。

この5種類のなかで、発売当初の3種類で今も残っているのは、この「タイトニュアンス」だけだと思うんですよね。あと2つは赤と緑でしたから。

それだけ当初から人気があるワックスということなのでしょう。

 

<使用感>
ジャムというだけに、中身の質感は本当に“ジャム”そのもの。だけど、髪につけるとしっかり髪を動かせます。

水気の多いワックスは重いので、これまでの経験では合わないかもしれないと思ったのですが、ジャム質感のセトッ力がなかなか強い。

このセット力でしっかりと根本から立ち上げてくれます!タイトニュアンスという名前から、横分けスタイルでタイトに抑えて決める。という使い方のイメージがありますが、抑えるためのセット力は軟毛を立ち上げてボリュームを出すのにも使えます。

程よくツヤも出て、ちょっと大人な雰囲気になるのもいいところ。

僕は結婚式で自分で髪をセットしたのですが、使ったのはヒトヨニ ピュアワックス11とこのヘアジャム タイトニュアンスでした。

ヒトヨニで大まかなスタイルを作り、タイトニュアンスで立ち上げるところは立ち上げ、抑えるところは抑える。さらにツヤ感も出るからフォーマルな感じにできたんですよね。

髪の長さも問いません。短くてもしっかり動かせるし、ショートからミディアムでも伸びがいいので思い通りにセットできます。スプレーがなくてもキープ力もまずまず。

どこのドラッグストアにも置いてある市販のワックスですが、これだけの優れものがどこでも買えるのは魅力ですね。

このワックスも何度リピートしたか覚えていないくらい買ってます。

 

コメント