ランニングは“自己投資”を実感する一番簡単な方法


 
投資というのはまず、自分にすることが大事。というのは今まで読んできた自己啓発関係の本の受け売りですが、これは真理だと思います。自分に投資すること、それが一番簡単に実感できるのは、ランニングではないかと僕は思うのです。

スポンサードリンク
◆自己投資の必要性
受験勉強や部活動を経験した人は多いと思います。そして就職活動も。しかし、就職したらもうOK!なんて考え方では、これからの時代、非常に危険です。
 
ひとつの就職先に骨を埋めるという生き方は、確かに素晴らしいことです。しかし、あなたの会社、10年後も確実にあると断言できますか?そしてもし、無事定年を迎えるまでその会社で働いても、その先どうしましょう。僕たちの世代は、せっせと納めてきた年金がきちんと満額支払われるなんていうのは、ほぼ期待できないですよね。少子化で僕たち以下の世代の人口が減っているんだから。
 
では、どうするか。会社や国に「お願~い」と頼るのではなく、自分に頼るのです。
今の会社がつぶれても新たな会社に就職できるだけのスキルを持つ。自分で稼ぐ力をつける。少なくともこういったことが必要なのです。
 
それに必要なのが“自己投資”。投資というと難しそうですが、理屈はとても簡単なことです。
 
 
◆投資はまず自分に
自分の頭に知恵や知識を投入する。これはユダヤ人の教えだそうです。財産を奪われても、自分の頭の中にある知恵や知識は誰にも奪われないという考え方のもと、こういう教えを幼少のころからかつてのユダヤの人たちは親に叩き込まれたそう。
 
株や為替、土地、不動産。僕たちは投資という言葉を聞くとこのようなものを思い浮かべますが、それよりもまず、自分に投資をすることが先決なのです。
 
 
◆ランニングのススメ
自分への投資というものがイマイチうまくイメージできないという方は、ランニングをはじめてみることをオススメします。
ランニングという行為は、体も心も疲れるし、何より運動できる服に着替えて外に出るというまでがとてもおっくうなものです。
 
ですが、いざ走り始めてみると、これが何とも趣深いものです。そういうおっくうさを乗り越えて、体を鍛えている。疲れるだけなのに、一人黙々と走るという行為を続ける自分。
おおよそランニングをしている現在にはメリットなんて何もありません。あるのは、より健康的になったり、より引き締まった体になった未来の自分のイメージと、それに向けて走っている自分だけです。
 
スポンサードリンク

 
◆実感できることが何より大事
この、未来へのイメージを持つこと。そしてそのために正しい行動を取ること、これが“自己投資”なんだと、ランニングをすると否が応にも気づくことができます。そして、直接自分の体で感じることだからまさしく実感がしやすいのです。
 
もちろん、ランニングの他にも、専門分野の勉強、読書、もっと具体的なスポーツ(競技)に取り組むこと、いろんな自己投資の方法があります。
 
漫画を読むこと、映画を観ることも立派な自己投資です。ただし、それを楽しみっぱなしにするのではなく、自分の人生観や哲学に練り込もうと意識することが大事です。新たに知ったことや主人公の行動を振り返って、明日からの自分の人生にちょっと取り入れてみるとか、僕は結構そういうことをやってしまいます。
 
どんな方法でも構わないので、「これは自分への投資になったな」と実感できることが大事です。その実感は、少しずつ習慣になっていきます。習慣になれば、それはもうその時点で自分が変わったという証拠。より良い未来の自分が実現したのです。
 
 
◆自己投資⇒自己実現
スケール大小はともかく、自己投資を経て自己実現が叶うということは、僕たちが人生を送るうえで何よりの励みになります。
言い換えれば、僕たちの人生は、より良い自分へと自己実現し続けることが目的なのです。そして、自分にかかわる人たちをどんどん幸せにしていく。
 
そのために必要なのは、今の自分から未来の自分への自己投資。まずは明日からでもできるランニングから、いかがですか?
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*