映画

映画

007「スペクター」の主題歌の中毒性が非常にヤバイ

ある曲がエンドレスで頭のなかでループして仕方ないってこと、ありますよね。今、僕の頭のなかではそれが起こっていて、映画007の「スペクター」の主題歌なんです。映像とセットで脳内から離れません。この中毒性…どうにかして!
映画

『火垂るの墓』のラストカットの意味は?僕なりの解釈

『火垂るの墓』の最後の最後のカットの存在。知ってますか?これ、めちゃくちゃ強烈なカットで、死んだはずの清太が、現代のビル群を眺めているんです。
映画

映画『ダンケルク』ストーリーが描かれていないのは戦略だと思う【ネタバレあり】

先週末に公開された映画『ダンケルク』観てきました。何ともリアルな臨場感のある戦争映画。常に体中に力が入っていた気がします。
映画

映画『ダンケルク』一番感動させられたのは民間船の船長の息子だった【ネタバレあり】

先日公開されたばかりの映画『ダンケルク』観てきました! まさしく戦場にいる兵士のひとりになったような臨場感。そんな『ダンケルク』の感想を、ものすごく細かい角度で書きたいと思います。
映画

映画『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦と中村祐介のワールドが混ざり合った濃密な作品

好きな小説は数々あれど、森見登美彦さんの小説は、その巧みな日本語表現を駆使して綴られる偏屈な面白さと、神秘的なファンタジーが病みつきになる、独特のワールドを持った作品です。 今回、そんな森見さんの代表作「夜は短し歩けよ乙女」が映画化と...
映画

映画「ぼく明日」切ない設定とそれに向き合う2人の姿【ネタバレ有り】

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」観てきました! この作品は、原作を読んでめちゃくちゃハマった作品。 ついに映画化とあって、少し出遅れましたが鑑賞。 ネタバレをガツガツ含んでレビューを書いていきます。
映画

映画「海賊とよばれた男」男性は感涙必死!僕の泣けたシーンをレビュー

12月10日(土)に公開された映画「海賊とよばれた男」観てきました! この作品は、百田尚樹さんの原作から入ったのですが、 これがまた最高だったもので、絶対に観たかった映画です。 何かにすべてを注いだことのある男性は必ず泣くこと間違いな...