月別アーカイブ: 2016年1月

仕事で成果を上げる人は“共感力”が高い。

1502026top
 
この度結婚することが決まりまして、ここ毎週末式場を探していました。
そして、今日、ついに決まりました!
決め手はチャペルの雰囲気だったのですが、
その実、担当してくれた人がデキる人だったというのも僕はあったと思うのです。
 
とにかく「うんうん、そうですよね」とめちゃくちゃ共感してくれるのです。
ああ、こういう人がライバルにも競り勝って、実績を上げるんだな、と思いました。
この、僕たちを担当してくれた女性から学んだ“共感力”を、
自分への学びを深める意味でも振り返って着目してみようと思います。
続きを読む

自己満足できないでどうする?


 
“自己満足”という言葉は、 
「あんまり大したことない」というニュアンスで取られるけれど、
 
発信者が自己満足してないものなんて 
なんの価値もないもんね。
 
自己満足したら、どんどん見せよう。
 
自信あるんです!って感じで。
あんまり偉そうにだけならないように。 
 
 
(画像は僕がデジタルハリネズミで撮った写真を撮ったもの。そう、自己満足)
 
 

 

「1記事15分で書く」を意識!イケハヤさんの著書に学ぶ。

KIMG1816
 
大変遅ればせながらイケダハヤトさんの著書武器としての書く技術を読みました。
本格的にブログを初めて半年。もっと早く読んでおけばと思う内容満載でした。
 
さすが文章術はためになり、改めてピックアップした記事も書きたいのですが、
猛烈に「これはマネしたい!」と感じたのが、
イケハヤさん、「1記事を15分で書いている」ということ。

 
これができたら、同じ1日でも記事をもっとたくさん書くことができますよね・・・。
15分作成を実践しつつ、そのコツを分析してみたいと思います。
続きを読む

不調を乗り越える気分転換と、「根拠のない自信」

e0076231_20413650
 
最近マメに訪問しているサイト「プレジデントオンライン」に、
将棋の羽生名人のことを茂木健一郎さんが著書に書いた記事が載っていました。
羽生善治の「不調」を乗り越える「経験則」

名人の羽生さんでも、勝率は7割ということで、
場合によっては負けが続いてしまう場合もあるそうです。
そんな、いわゆる不調のときの、羽生名人流の対処法について書かれていました。
これが面白くてためにになったのでご紹介です。
続きを読む

男ならセブルス・スネイプのように生きたい!


 
先日1月14日に死去された、アラン・リックマンさん。
僕の大好きなハリー・ポッターの映画で、スネイプ先生を演じた方です。
学生のときに原作を読了したのですが、
このニュースを受けてスネイプの生き方に惚れたことを思い出しました。
 
同じ男として、スネイプのように一途に生きたい!
この記事では、リックマンさんが好演したスネイプが、
僕に教えてくれたことを書きたいと思います。
続きを読む

適当にしゃべる人注意。もうちょっと深く考えるとお得です。

7f9837a1af02610f77bcc303f8e16cc0
 
会社の僕の隣の席に、なんとも適当に発言する男性がいるのです。
40代半ばの人なのですが、その適当発言はちょっと、、率直に言うとウザイ。
「もうちょっと考えてから口を開くといいのにな」と思ってしまいます。
 
不用意に発言するのはリスキーで損な行為です。
人の振り見て我が振り直せ。
クセになってしまってる人はご用心。
続きを読む

共感!失恋直後の“もしも”空想はヤバイ。「君のための100のもしも」で歌詞学

445_2_150705103929892_700x

独断での解釈で展開して行くかずの歌詞学の教室へようこそ!
どうも、講師のかずです。
今回の教材はflumpoolの「君のための100のもしも」という曲です。
失恋直後の気持ちに共感でき過ぎる切なさMAXの歌詞が特徴。
大好きな子との失恋の経験がある男は絶対わかるハズ!
続きを読む