祭りやイベントとは真逆。”日々を積み上げ続ける”ブログの魅力


 
毎年地元で行われる大きなお祭りがあります。賑やかな雰囲気を思うととても楽しみなのですが、いざ当日になって遊びに行くと、「ああ、祭りが終わっちゃうな」と思うのです。

スポンサードリンク
多くの人がかかわって、何か月もかけて準備される祭り。でもたった2日間で終わってしまいます。
そんなことを考えたとき、ふと唐突に、「なんだかムダが多いな」なんて思いが脳裏をよぎりました。
 
伝統に基づき、地域を盛り上げる目的で行われる祭りに対して、「ムダが多い」なんて言うと語弊がありますが、大規模な屋外ステージ、数十ものテントの列、最寄りの駅からのピストンバス。そんなものを思うと「どれだけ準備に時間と労力がかかっているんだろう」と思ってしまったのです。
 
そして、それだけの時間と労力、そしてお金もかかった祭りも、数日間でさっと終わってしまい、いつもの日常へと元通りです。
 
 
 
それと比べて・・・僕が次に思ったのは、立ち上げから3年目に入るこのブログのことです。
祭りやイベントものというのは、先に書いた通り、多くの労力に対してたった数日で終わってしまいます。
しかし、ブログはその真逆なんです。ワードプレスでブログを立ち上げるのは、ど素人(僕がそうでした)がやってもガイドブックに書かれたとおりに作業すれば2時間もかかりません。
 

 
かかったお金も、独自ドメインを購入し、レンタルサーバーの契約をしましたが、1年で1万ちょっと。これで自分の自由なアウトプットの場が整うのです。「書きたい」という欲求が抑えきれなかった僕にとっては最高の遊び場です。
 
 
そして一番の魅力は、終わらないこと。
自分が更新するのをやめない限り、ブログというのは成長を続けます。そして、それはインターネットの世界で半永久的に残ります。(レンタルサーバーが万が一不具合を起こしてもバックアップを取って置けばブログはなくなりません)
 
つまりブログは、毎日の積み上げをどんどんどんどん蓄積し、雪だるま式に成長し続けることができるのです。
現在この「かずのUPノート」は、450の記事があります。2年と少しで450は少ないかもしれません。
それでも、始めた月は10人も来なかったブログが、現在では1日に500人ほどが訪れます。僕の積み上げた450の記事のどれかを読みに来てくれるわけです。
これは本当に素晴らしいこと。何者でない僕の、特に方向性も定めていないブログにこれだけの人が来てくれるんですから。
 
 
そして、僕のブログの日々の積み上げはもちろんこれからも続いていきます。恐らく、死ぬまで書き続けるでしょう。世間の時代の流れとか、個人的なライフスタイルの変化もあるでしょうが、こんなに自由に自分の思ったことを発信できるスペースを僕が放棄するとはおよそ考えられません。
 
450が1,000になり、2,000になり…。そのころには当然アクセスも何倍に増えているはずです。僕の書いた記事は終わることなく増え続ける一方なのですから。
 
そんなふうに思うと楽しみでたまらなくなります。たった数年後には見える世界が確実に違うはずです。
 
 
かけた労力が単発、単発で終わって行かずに積み上がっていく。それを個人レベルでできるのですから素晴らしい。間違いなく人生の資産になります。
 
 
“祭りのあと”なんて寂しさや虚しさもない。そんなブログの魅力に憑りつかれています。
 
 

ワードプレスでブログを作るなら絶対オススメのエックスサーバー!
 
 
スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*