「真田丸」第49話。これみんな賛成でしょ?真田丸できりほど印象が変わったキャラはいない

真田丸 きり 後期 
 
今日の「真田丸」49話。見ましたよ~!
今回の話では、ついにきりが信繁と結ばれましたね!
きりは本当に一途で、そしてできる女性です。
と思ったところでふと気づいたこと。
あれ?おれ最初きりのことうざくて大嫌いだった記憶ある・・・

スポンサードリンク
そうなんですよ。
きり・・・初めのころ、なんでもかんでも自分勝手で、
やたら信繁につきまとうし、邪魔ばっかりするし、
そして、なんか現代語だし。
 
現にこんな過去記事を書いていました。
めっちゃわかる!「真田丸」長澤まさみの“きり”がウザイ件
 
長澤まさみのウザ過ぎるキャラに「来週からもう観ない」
という視聴者が続出ってニュースがこのときには出ていて、
「今回の大河終わったな」なんて思っていました。
 
sanadasanadasanda0001
 
しかし、今にしてみればなんて愚かなことを思ったのか!
こんなにハマって、笑えて、楽しみに見た大河はありません。
 
 
これは、本編がめちゃくちゃ面白いのもありますが、
三谷幸喜さんの脚本ならではの笑えるシーンが散りばめられていたこと、
そして、そこにはきりの存在がとてもマッチしていたことが
大きな要因としてあると思います。
 
 
 
思えば、きりは本当に成長しました。
最初は、自分の信繁への片思いを 振り回し、
周りをかき回し、迷惑をかけたり面倒がられたり、
そんなキャラでした。
 
 
しかし、今ではどうですか。
 
・その場その場の空気を読んで敢えて黙って見守る。
・茶々や春の存在にも、信繁のことを考えてそのサポートに回る。
・ローリング足つった!で政治的な場面でも活躍。
ec0354f7-s
 
ですが、変わらないところがひとつ。
それは信繁への想いです。
 
きりの行動や言葉の起点は、すべて信繁への想いです。
 
大坂へも、九度山へも、そして再びの大阪へも、
ずっと信繁のそばにいました。
そして、陰ながら信繁を力いっぱい支えていました。
 
今日のきりのセリフ、
「源次郎様がいない世にいてもつまらないから」
これ、信繁の覚悟とその結末をちゃんと理解していますよね。
なんて強くて健気なセリフなんでしょう。泣きそうになりました。
 
 
そんなきりの想いが、今回の49話で、やっと成就しました。
「遅い」というのもごもっとも。
 
しかし、その後の熱い“口吸い”のシーンはビックリしましたね! 
これまた「大河でもろなキスシーンがある!?」と思ってしまいました。
さらに、キスされたままモゴモゴしゃべるきり。
「10年前が一番きれいだったんですからね!」だなんて、
なんて最後まで笑わせてくれるんでしょう。
 
 
三谷脚本になくてはならない存在であったきり。
そんなことに今ごろ気づく僕です。
 
ああ、そんな真田丸も残すは来週の1回。
きりの想いの成就は、悲しいほど本当に“前夜”ですよね。
キスされながらのモゴモゴと、来週の結末のコントラストが強過ぎて辛い。
 
最終回、ファンとしてしっかり見届けたいと思います。
信繁もきりも幸せになれるラストだといいのに。
それはやっぱり無理なんでしょうかね。
 
スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*