完璧を求めるより、汚し抜いてもやり抜くのだ!

CIMG4465 
 
完璧主義者で、卒なくこなしてしまう人よりも尊い人物。
それは失敗しても立ち上がり、最後にはやり抜く人だと思います。


 
 
 
世界一有名な犬スヌーピーが出てくるマンガ「ピーナッツ」
今、これを年代別に名作を選び抜いた文庫が現在出ています。 
 
冒頭の画像は80年代の作品集のなかの一コマ。
 
 
女の子から手紙をもらったのに、
「手紙書くのがキライ!」と返事を書かないチャーリー・ブラウン。
それに妹のサリーが怒り、兄に返事を書かせるシーンです。
 
チャーリーは手紙を書くのに何度も間違えぐちゃぐちゃにしますが、
サリーは「あきらめないで・・・よごしぬいて・・・切りぬけるのよ」と言います。
 
 
チャーリーは参ったという表情ですが、
このサリーの言葉、とても勇気をもらえる言葉だなと思いました。
 
 
書き損じてぐちゃぐちゃにしても、とにかく女の子に返事を書け!
兄をたしなめるサリーのセリフではありますが、
作者のシュルツさんは、何事に取り組むにもこの心構えが必要だよ
というメッセージを含ませているのではないかと感じます。
 

「完璧主義者」なんて言葉はありますが、
これを名乗って実際に完璧に物事をやり遂げる人なんて、
世の中にいるのでしょうか?
 
今の世の中、一度の失敗もせずに、
一度の汚名もかぶらずに生きるなんてムリ。
そんなの妄想だと僕は思います。
 
完璧主義者という人がいないとしても、
失敗するのが嫌だから、やらなければならないことや、
本当はやってみたいことに取りかかろうとしない。
そう考える人は多いでしょうね。
 
 
 
失敗するのは怖いし、カッコ悪いし、自分が傷つくものですが、
そんなときこのサリーのセリフを思い出したいものです。
 
 
※50年間連載された「ピーナッツ」が年代別にまとまった文庫本です。
      

毎月最大1200ptお得!【ひかりTVブック月額プラン】

コメント