「途中の一歩」成長し続けたいなら惰性で生きちゃダメ

たまに読みたくなるジャンルの本。
恋愛小説。
28歳のかずです。
 
今回チョイスしたのは雫井脩介さんの「途中の一歩」という本。
 

スポンサードリンク
 
お初にお目にかかる作家さんだったのですが、
僕の文庫選びで大きなウエイトを占めるのは設定。
恋愛小説だとドロドロしたりコアで濃ゆい感じのは好みません。
今回も、裏表紙の紹介文を見て購入しました。
 
 
■マンガ業界を取り巻く人たちの恋愛模様
設定はマンガ業界。
マンガ家、マンガ誌の編集者、その友人たち男女7人の物語です。
ちょっと変わった設定だなぁと思ったのですが、
ジャンプの「バクマン。 をコミックスで読んでいたので読みやすかったです。
 
マンガ家の恋愛ってどんなんだろう。
そんな暇あるのかな?と思って読んでいましたが、
やはり締め切り前でデートの約束が流れたりという場面も多かったです。
きっと、実際にそうなんだろうな。
 
 
■結構いい年の登場人物たち
登場人物は29~38歳といった年代の人たち。
結構みんないい年(笑)
でも、そこがこの本のミソなんですよね。
 
マンガ家も、編集者も、OLも、それぞれに仕事に対して悩み、
それぞれのスタイルを持って生きています。
そしてその生き方は、この年になると良くも悪くも型が決まってくるものです。
そこからの変化を求めながらも、それがなかなかうまくいかない。
その葛藤をそれぞれ生きる姿から感じることが多い小説です。
 
 
■”途中の一歩”という哲学
あらすじをズラズラ書いても仕方ない。
というのが僕の読書ブログのスタイルなのです。
それよりも、響いた言葉や考え方などが自分にとって有益です。
 
この「途中の一歩」という作品では、まさにタイトルである
“途中の一歩”という言葉の哲学が僕にとってすべてでした。
 
“途中の一歩”とは、マンガ誌の編集者である西崎綾子が言った言葉。
——————–<引用>——————–
「初めの一歩を踏み出して歩き始めたら、どうしても同じ歩幅や同じリズムで
 歩いちゃうもんですよ。たとえちょっと疲れたなって思ったとしても、
 毎日毎日同じように歩いちゃいますよ。それが一番楽だし、確実ですもん。」
 
「ね?人生で大事なのは、途中の一歩なんですよ。
 始めの一歩よりありふれてるから気づかないけど、
 自分次第で特別な一歩になるんですよ。」
—————————————————-
 
というセリフ。
これにはめちゃくちゃ共感してしまいました。
この年(僕の年)になると、仕事も7年目。もう完全に中堅です。
また、恋愛についても、いつもの日常だけをなぞっていては
新たな展開や進展などは起こりません。
 
つまり、自分のライフスタイルの型が決まってきてしまうのです。
そして同時に、そこからはみ出すのはおっくうに感じてきてしまいます。
 
それでは新たな景色は見えて来ず、自分の成長もありません。
勇気を出して、大きく踏み込んでみる。横にそれてみる。
そんな“途中の一歩”が大事。という考え方です。
惰性では惰性の上に現れる人生しか味わえません。
 
 
■ということで、途中の一歩を踏み出してみました。
実は、ブログの更新を優先することによって、
本好きなのに本を読むのがすごく遅いワタクシ・・・。
この本を読み終わったのは最近でしたが、読み始めたのはちょっと前。
 
そして、“途中の一歩”のセリフは「上」の終わりあたりに出てきます。
つまり、“途中の一歩”の哲学に触れたのは結構前、ということになるのです。
 
何が言いたいのかというと、
この“途中の一歩”の哲学に感化され、僕なりの“途中の一歩”を踏んでみたのです。
それがこの記事。
「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート
 
そうです。何を隠そう独身彼女なしの僕。
巷でウワサの婚活パーティーに行ってみたのです。
勝手に最後の砦と思っていた場に20代のうちに踏み込んだのは、
この本を読みかけていたからだったのです。
 
本気で出逢いを求めている独身社会人の方へ
 
 
そして、記事にも書いたとおり、カップリングにも成功。
(しかも、結構にモテたという。若いからかな?笑)
まあ、ここで後日談を書くと、うまく行きはしなかったんですけどね。。
でも、また行けばいいと思えたし、今度はそのハードルはグンと低く感じます。
 
意識して、決心して途中の一歩を踏み出せば、
新たな景色が見えてくることを積極的に実感できた出来事でした。
 
仕事での伸び悩みや、僕と同じく恋愛面での足踏み状態を感じている方は、
この“途中の一歩”という考え方を持ってみられてはいかが?
 
  

お見合いパーティーといえば


「途中の一歩」成長し続けたいなら惰性で生きちゃダメ」への3件のフィードバック

  1. M.I.F

    途中の一歩、なるほど、深いですね。自分を見つめ直し、少し新しい風を入れるために・・・。
    うん、自分もなにかしないといけないかな。(いや、ある意味、先日したかもしれませんが笑)

    ココア、あれは割らないときつそうですorz

    返信
    1. かず 投稿作成者

      深いですよね。新しい哲学に触れることができました。
      これだから本はいいですよね。
      えっと、きっとあれのことですね。そうですよ。
      でもあれは、むしろ始めの一歩かもしれませんよ。がんばってくださいね。

      ココアですか。ストレートでは僕は甘くて死にます。
      ココアに溺れて死ぬというと、ちょっとリッチな気がしますけどね(笑)

      返信
  2. ピンバック: クリスマスが憂鬱じゃない!婚活をして本当によかったと思う。 | かずのUPノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*