「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート

こんばんは。かずです。
週末になるとうむうむと悩んでしまう28歳です。
なにをうむうむと悩むか、将来についてです。
仕事では、若い女性との出会いがありません。
あってもよさそうなものですが、ありません。
 
うむうむと悩む自分と、一向に変わらないその状況と自分に愛想を尽かせ、
先週の話になりますが、人生で初、「婚活パーティー」なるものに参加してきました。
ここにその経験を書き留めておきたいと思います。

参加したのは、とある会社が開く、地元での婚活パーティー。
参加を決めたのは当日の午前1時。
サイトの申し込み画面に辿り着いたあとも、小一時間うむうむと悩んでいました。
 
何しろ、未知の世界です。邪悪な会社の社員が手招きをしている催しかもしれません。
僕もそれなりに本気ですが、本気などという生ぬるいものでは収まらない何かによって
突き動かされいてる他の参加者に踏みつぶされるかもしれません。
 
しかし、勇気を持って行動することが大事です。
それによって、今までの僕と、取り巻く現状を打破できるかもしれない。
いや、むしろそうでもしないと変わらない。・・・これは真実っぽい。
えいや!っと、カチリカチリと数クリックをし、申し込みをしてやりました。
勇気を出した瞬間です。
 
お見合いパーティーといえば
 
 
■本人確認証とボールペンが必要でした 
すぐに確認メールが届きました。
日時、会場、持ち物、注意事項を確認する内容です。
持ち物は、本人確認のできる免許証や保険証など。
それと筆記用具です。会場でプロフィールなどを書くときに使うようです。
参加費は当日の受付での現金払いとのことで楽チンです。
 
  
■会場入りのドキドキ
受付は15分前から可能。
30分前には会場のビルの中をフラフラ漂っていました。
他の参加者がどんな感じかうこっそりうかがうためです。
だって、怖いじゃないですか。どんな人がいるのか。
というか、何人来るのか。2~3人だったら逃亡することを心に決めていました。
 
恐ろしいことに、あまり参加者を見かけません。
まさかの2~3人パターン?と震えていたのですが、
15分前を切ったので会場の部屋に向かいます。
 
すると、男女合わせて8~10人ほどがすでに集まっていました。
後でわかりましたが、裏の方からもこの部屋に来れるようでした。
 
しかし、どう見ても、若い人で30代後半です。男女とも。
25~45歳が対象ということでしたが、こういう感じか。
また震えが出てきました。場違いだったか・・・?
 
しかししかし、僕のあとに同い年くらいの男性と、女性も入ってきて、
とりあえず少数派でも同年代がいて安心しました。
 
 
■服装について、サイトにだまされました。
会場に踏み込んだ、15時間前。
えいや!と申し込みを終えた僕は、「そういえば服装は?」と思い当りました。
そうして申し込んだサイトを見ると、素晴らしい、書いてありました。ちゃんと。
“男性は好感の持てるスーツがオススメ♪”
オーケーオーケー。親友の結婚式の前に買った8万円のスーツがありますよ!
 
再び会場のシーン。
「スーツなんて誰もいない!!」
むしろスタジャン羽織ってる人、ダメージジーンズの人がいらっしゃる。
女性は結婚式の二次会のような格好の人が多かったですが、
男のスーツ着用は僕ひとりっでどうか!?だまされたーー!!
 
でも、これがのちに吉と出ます。
 
 
 
 
■パーティーの全体的な流れ
①プロフィールカードの記入
受付を済ませると、まずは自分のことをカードに書きます。
何歳か。どこ住みか。仕事は何系か。年収ざっくりおいくらか。
趣味は何か。デートではどこに行きたいか。好きな食べ物なんですか。etc…
それを書いて開会を待ちます。
結局、男女15人ずつほどが参加しました。
 
 
②1対1トーク
30半ばくらいの主催者がパーティーの開催をし、諸々の説明を始めます。
まずは1対1のトークです。そしてこれがメインで全てです。
フリートークは敢えて設けない。そんなパーティーでした。
会場には会議机が“コの字”に並べられ、外側に女性、内側に男性が座ります。
男性が右へ右へと移動し、全員の男女が話をする、という時間です。
 
持ち時間は2分。短い!
プロフィールカードを全部しゃべることは出来ません。
自分ばかりしゃべると相手のしゃべる時間がありません。逆も然り。
気になったポイントにツッコミ、話題を作る。
それが互いに話し終わるころには2分が終わり、男性は移動。
そんな感じでした。
 
女性の参加者は(しかわからないので)下が24歳、上が42歳でした。
30代半ばの人の割合が一番多かったですね。
僕の隣だった年の近い男性は32歳、逆のとなりは41歳でした。
 
このとき、僕ひとりがスーツなのにツッコんだり、質問する女性がいました。
最初は恥ずかしかったのですが、話題に悩みがちな僕にはありがたかったのです。
主催の会社のサイトにだまされた経緯を話すと笑ってくれました。
年上の方には「かわいい!」とも。。。
 
 
③印象の記入
1人話し終わるごとに、「この人はこんな人だった」と記録するカードに記入します。
最後に投票するときにどんな人か覚えておくためです。
男性はすぐ隣と言えど移動があるので、僕はメモを取りませんでした。
しかし、終わった後にですが、年齢や上の名前だけでもメモるべきだったと気づきました。
最後に相手の名前がうろ覚えだったのです。
 
 
④アプローチカードの提出
1周して全員の異性と話すと、誰がお気に入りかを書くカードを書きました。
自分の番号と、気になる人の番号を書きます。
ここに電話番号を書いてもいいようです。
僕は、年の近い人で趣味が読書と同じ人にだけ出しました。
 
全員が書いたら、それを主催者が集め、書かれた人に届けます。
わたくしの手元には恐れ多くも4枚・・・!やって来ました。
ドキドキして見ます。
「また話したいです」などと書かれてあり、電話番号を書いている人も。
そしてなんと、僕の出した人からも僕に来ていました。
わわわ!!これはですね、なかなかうれしいものですね。
 
 
④最終投票カードの提出
10分ほどの休憩を挟んで、いよいよ最後。
最終的に誰がいいかを書くカードの提出です。
第5希望まで書けるようになっていましたが、
正直、僕にはそんなに書こうと思う人がいません。
年が離れてた人が大半でしたから。
 
しかし、では、アプローチカードを書き合った人を書くのかというと、
実はそれもかなり悩みました。
これ、このままいくとカップル成立という可能性が高いです。
それってどうなるの?
趣味は合うけど、タイプかと言われると正直悩んでしまう感じでした。
もちろん実際に付き合うことにはなりませんが、
展開がわからなくて躊躇します。
 
時間ギリギリまで悩み、結局その人への投票を書きました。
連絡先を交換し、話してみないことにはわからないよね、と考えました。
 
 
 ⑤カップリング
いよいよカップリングです。
最終投票カードの、第〇希望の高い人順同士でカップリングがなされます。
主催者がカップリング作業を黙々とやっています。
とてもドキドキして仕方ない瞬間です。
 
作業が終わったようで、ついに発表です。
「今回は5組のカップルが誕生しました」と主催者。
男女それぞれ15人くらいの出席で5組。3分の1。
これは多いのか、少ないのか。僕には多く感じられました。
 
そしてなんと、成立カップルの発表は口頭でした。
「それってどうなの!?そういうものなの?」
これ、複雑な感情が渦巻いたりするのではないでしょうか。
ちょっとどうかな、と思う発表方法です。
 
 
 
そして、結果、わたくし・・・
 
 
 
5組のうちの1組でした!
 
なんだか唖然。本当に決まっちゃったよ?
 
 
 
■パーティー終了とそのあと
カップリングの発表をもって、パーティーは終了となりました。
男性が先に会場を出て、カップルになった男性は外で女性を待つそうです。
ということは、僕は待つことになります。
そして女性が会場を出ます。
そこで改めてカップル同士は声をかけ、連絡先を交換するそうです。
 
僕のお相手が出てきました。
大人しめな雰囲気の漂う、150センチ未満の小柄な人です。
ちょっとだけ年下です。
・・・なんて書くの、なんだか恥ずかしいですね(笑)
 
「どうも~」と微妙な感じで話しかけ、連絡先を交換しました。
LINEのプロフ画がかわいらしかったです。
他のカップルを見ていると、そのままお茶をしに行く人もいるようでした。
彼女は、「一緒に来ている参加者がいるので、今日はこれで帰ります」と言っていました。
僕もいきなりはちょっとスタンスがわからなかったので、ちょっと救われました。
いきなり「あなた方カップルね!」と言われても、どうしていいのかわかりません(笑)
 
とにかく、LINEのやり取りをのんびりペースで続けています。
どうなるのか、どうしたいのか、正直まだわかりません。
向こうもそんな雰囲気を感じますが、本の話は盛り上がります。
とにかくコミュニケーションを取っていこうと思います。
 
 
 
■僕なりの結論
とりあえず、えいや!っと勇気を出したら変わりました。
これだけは事実です。
変化を恐れてはいけない、惰性で生きちゃいけない。
そんなことを知った日でした。
 
婚活パーティー、未知の世界で終始ビビッてましたが、
一歩踏み出したい方は十分有効な行動だと思いますよ!
 
 
きっと、あなたにあうパートナーが見つかるはず

コメント

  1. M.I.F より:

    おぉぉぉぉ!すごいですね!おめでとうございます(でいいんですよね・・・?)
    合コンにも街コンにも婚活パーティーにもいったことないのでよくわからないのですが、
    イメージ的には、婚活が一番年齢層が上になりそうです。

    趣味で話が合えば、付き合うとかどうとかではなく、一友人として良い機会ですね。

    150cm未満、おとなしめ、いいですね^^

    • かず かず より:

      ありがとうございます(笑)なんか、サラッと決まってどうしたものか。
      メールのやり取りはしてるのですが、どうなんでしょう。
      僕はどれもわずかに経験がありましたが、そのとおり、婚活がやはり年齢層は群を抜いて高めですね。
      確かに!視野を広げて、交友関係を広げる感じでもいいんですよね。
      150㎝未満・・・実は小さい子よりスラリとした子が好きだったりします(笑)
      でもおとなしめなので波長が合います。

  2. […] それがこの記事。 「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート   そうです。何を隠そう独身彼女なしの僕。 […]

  3. […]         関連過去記事:「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート ※僕の婚活パーティー体験記です。 […]

  4. […]   婚活ってどんなんだろうと不安な人は(僕もそうでした)、 「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート を参考にしてもらうと感じがわかると思います。   イベントに […]

  5. […]     思い切って行動してみて良かった!   過去記事⇒「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート 過去記事⇒いい人どまりな人は絶対大丈夫。婚活ではとてもモテますよ。 […]

  6. […]     思い切って行動してみて良かった!   過去記事⇒「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート 過去記事⇒いい人どまりな人は絶対大丈夫。婚活ではとてもモテますよ。 […]

  7. […]   本気で出逢いを求めている独身社会人の方へ       関連過去記事:「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート ※僕の婚活パーティー体験記です。 […]