70代の女性に言われた「体に気をつけてね」部署異動で涙

8f032958d7e0722fa8fad10c0b93538b
 
この4月から、部署が異動になり、担当する仕事の内容ががらりと変わりました。
社会人になって、遅ればせながら初めての異動。
デスクの引っ越しは大変で、不安もありましたが、
力いっぱい後押ししてくれたのは、お客さんの一言でした。


これまでの仕事は、取り扱う商品の関係上、
お客さんや相手先の方には年配の女性が多く、
大卒間際の初々しいときから関わっていたので、
まあまあ、それはもうとても可愛がっていただいたのでした。
 
異動することになり、その旨を伝えると、みなさんそろって驚いて、
そして次には「寂しくなるな」なんて言ってくださいました。
いやホント、それはこっちのセリフで、いざ離れることがわかると
仕事だけでなく心まで、どれだけお客さんに支えられていたのだろうと
一気に思い知らされたものです。
 
それだけでも、僕のハートはグググッと締めつけられ、
熱いものがこみ上げてくるのを感じていたのですが、
とどめを刺された言葉をもらいましたのです。
 
その言葉をくれたのは70代の女性。
 
担当を離れることになったと伝えると、
「あら、それはなんて寂しい!でも仕方ないね。
 ありがとね、体に気をつけてね」

と言ってくれました。
 
この言葉をもらった瞬間、ホントに泣きそうになりました。
こらえるのに必死でした。
だって、70代の方から「体に気をつけて」なんて、反則でしょう。
体がビリビリ震えたのを覚えています。
 
そんな年の離れた人で言「体に気をつけて」なんて、
家族や親族からしか言われないですよ。
ワンピースのサンジとゼフのあの感動シーンを思い出しました。
 
325423984
 
全力で「○○さんこそ!」と返しました。
 
 
自分のしてきた仕事は悪いものではなかったんだろうな。
認めてもらっていたんだな。
と、同時に自信にもなりました。
 
去りゆく者にそんな自信を持たせてくれたことに
感謝の気持ちでいっぱいでした。
 
 
お客さんには、仕事だけでなく、
心の方も支えてもらっていたんですね。
本当にありがたいことです。
仕事の相手がこれから変わっても、
またそんな関係が築ける仕事をしないとですね。
 

コメント