くもったヘッドライトが蘇った!SOFT99の「ヘッドライトリフレッシュ」

CIMG5079 
 
見てください。このくもったヘッドライト。
通販番組で取り上げられる画像じゃなく、
実際に僕が乗ってる愛車のなんだから嫌になっちゃいます。
しかし、「磨けばキレイになるかも?」と思いつき、
ダメもとで磨いてみたところ、劇的ビフォーアフター並にキレイになりました。
今回はその一部始終をご紹介します!

スポンサーリンク

 
 
逆に言うとなぜか今まで気がつかなかった、
「磨けばキレイになるかも?」という思考。
さっそくAmazonを訪問してみると、
あるある!車のヘッドライトクリーナー!
 
僕の愛車は10年前、母親からのおさがりで乗り始めたもの。
だから、気づけば14年目になるベテランです。
ライトがくもり、「白内障になった」と家族では諦めムードでした。
 
 
さて、そんな数あるヘッドライトクリーナーの中で僕が選んだのは、
 
CIMG5068
 
SOFT99の「ヘッドライトリフレッシュ」 という商品。
お値段が927円と安く、かつ評価も高く、他のブログでもその効果が紹介されており、
あまり悩まず即決。初めて買うものだから比較ができないこともありましたが。
 
 
さて、数日で届いたのですが天気がいい日を狙い作業をしました。
よって開封したのもその日。届いてから4日後のことでした。
 
CIMG5072
 
内容物はこんな感じです。
くもりの原因の汚れを磨き落とすベースクリーナーと、
光沢を出して汚れを防止するハードトップコートの2種類の薬剤。
そして専用のクロスとスポンジがついています。
 
 
 
では!さっそく作業開始です!
 
CIMG5086
 
まず、ヘッドライトの表面の汚れをタオルでふき取ります。サッサッ。
 
 
 
CIMG5082
 
次のステップのベースクリーナーでの磨きの前に、
ビニールテープでマスキングします。ボディーの塗装を守るためです。
今回、半分だけ磨いてみようと思ったので半分センターのところでも
ビニールテープを貼っています。
 
 
 
CIMG5087
 
そして、コレです。ベースクリーナー。これを専用クロスに取ります。
 
CIMG5088
 
そして力を入れて磨いていきます。
ガシガシガシガシガシガシ・・・
 
 
 
CIMG5091
 
さあ!右半分だけ磨いてみました!
どうですかコレ!かなり違いますよね!
黄色い濁りはキレイに取れました。
 
CIMG5089
 
こんなに汚れが取れてます。
 
 
 
CIMG5103
 
そして仕上げはハードトップコート。
 
CIMG5104
 
専用のスポンジの白い面に液を取って、
ライトの表面に薄く伸ばします。
伸ばしたら、1分置いて、スポンジの反対の白い面で塗りあとをならします。
 
 
 
 
以上が全工程でした!
さあ!出来上がりました!(左右のライトで30分程で終わりました)

どんな仕上がり、どんな効果があったか!ビフォーアフターで見てみましょう!
 
 
<ビフォー>
CIMG5079 
 
 
<アフター>
CIMG5113
 
なんということでしょう!!←お決まり

とってもクリアになりました。
まさかこんなに効果があるとは!まさに劇的。
 
夜間にライトをつけたときも格段に明るくなりました。
広範囲に明るさが届く、という感じ。
(ライトの明るさのビフォーを撮り忘れたのが不覚でした)

こんなことならもっと早くするべきでしたね。
愛車が白内障になっているという方は、絶対使ってみるべきですよ!
(買えば1,000円。業者で頼むと4,000~5,000円くらいするそうです) 
 
 




<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください