“赤ニキビ”は絶対潰すな!とにかく清潔にケアできるアイテムを使うこと!

 

ニキビと言えば赤。そしてそんな赤ニキビは目立つ!それがとっても嫌ですよね。ニキビのことをきちんと理解していなかったとき、僕は目立つ赤ニキビができるたびに潰してしまっていました。でも、それは確実に治りを遅くするし、最悪、僕のように跡になってしまいます。

スポンサーリンク

 

潰したい衝動に駆られるけれど

僕の経験上、潰したい衝動に駆られるパターンは2つあります。

 

①衝動的に潰してしまう。

朝起きると、肌の1か所がぽこりと膨らんでいて、触ると痛い。鏡で見てみると、「ちっ、やっぱりニキビだ。またできやがった~!」なんて朝がもう何度あっただろうか。赤いニキビに心はブルー。

触ると痛いという状態の赤ニキビは、高確率でどんどん赤みが増してさらに目立っていきます。それで気になって触るといちいち痛いしとてもイライラする。

「キーー!もう潰してやる!家に帰ったら絶対潰してやる!」

…と、こうなるのが1つめ。

 

②膿んでしまい、膿を出してしまいたくなる。

痛い赤ニキビが悪化すると、赤ニキビの中心に白いのが盛り上がってくる。これが膿んでしまった状態です。

こうなると、さらに気になるのが人情というもの。その毒々しい見た目から、僕は「不潔にしていると思われないかな」と考えてしまいます。

「せめて、中心の膿がなければ…。てかコレ、潰したらニュッて出てくる状態だよね?…うん、家に帰ったら潰してしまおう」

…と、こうなっちゃうのが2つめです。

 

どちらのパターンにも共通するのは、「潰した方が目立たなくなる」とつい考えてしまうこと。でも、ニキビを潰すという行動はやっぱりよくない。身をもって体験している僕なりの対策がこれです。

 

赤ニキビさんを清潔に優しくケアする

いろんなことを試しましたが、つまりはこの一言に集約されると思っています。

僕は上の衝動に駆られて潰したことが原因で、うっすらとクレーターになってしまったところが2か所ほどあります。これはもう、完全に治るということはないんでしょうね。

そんな反省を込めて、今では優しく、赤ニキビに向き合うようにケアしています。以下は僕が試したことのある治し方です。オススメの順で書いていきますね。

 

①皮膚科に通う。

これが鉄板です。そしてもっとも効果がありました。ニキビにも原因がいろいろあります。専門医に診てもらい、その原因に応じた薬を処方してもらうのが一番です。

ただ、皮膚科ってものすごい混みますよね。仕事をしていると定期的に通うが難しいということはあるあるです。でも、本気で改善したければ、時間もお金もかかるけど、やはりお医者さんに診てもらう。これが一番オススメの方法です。

 

②ちょっとイイ専用の治療薬や化粧品を購入する。

皮膚科に通うのは時間的にも難しいし、正直めんどうくさい。そんな人には、この方法ですね。

ドラッグストアなどに置いてある市販の薬や化粧品よりも効果の高い(値段も高いですが)商品を試してみてください。

目立つのが困りものの赤ニキビには、赤ニキビ専用のオールインワンジェルもあります。とても売れている商品です。


赤ニキビ用オールインワンジェル【薬用アッカノン】

 

また、このブログでは、僕が試した薬や化粧品をまとめた記事も買いています。
関連記事:ニキビ跡やニキビ予防に悩む人必見!大人ニキビにさよならできた僕の愛用アイテム4つ

 

次に書きますが、やっぱり市販のものよりも効果は高い気がします。もう本当にいろいろ試した僕の実感です。特に上のリンクの4つのアイテムの中でも、薬用アシィドローションEX はもう手放せません。神様的存在です。

 

③市販の治療薬や化粧品を購入する。

最後がこれですね。この方法から試す人がほとんどだと思います。僕もそうでした。しかし、本当にたくさんの商品があって混乱しますよね。

僕のオススメとして、化粧品ならば肌美精のシリーズが一番よかったかなと思います。刺激が少なく、優しくニキビをケアしてくれる使用感でした。

また、塗り薬ですと僕は昔ながらのオロナインH軟膏派です。オロナインは炎症に効く成分が入っているので、できたばかりの赤ニキビに塗っておくとひどくならずに済むことが多いです。

 

まとめ

ちょっと長くなったので最後にこの記事の要点をまとめておきますね。

◆赤ニキビは目立つし気になるけど、潰しちゃダメ!絶対!(僕はクレーターになりました)

◆大事なのは優しく清潔にケアすること
 ①皮膚科に通う。
 ②ちょっとイイ専用の治療薬や化粧品を購入する。
 ③市販の治療薬や化粧品を購入する。
 (※上から僕のオススメ順の治療法)

あとは、予防が大事ですよね。食生活と生活リズム。僕もこれらが乱れると一気に赤ニキビラッシュに見舞われます。

では、どうか皆さまもお大事に。

 

 




<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください