「真田丸」第36話。昌幸の策がピタリ当てはまる痛快な回と思いきや…三成~!

真田丸

真田丸36話「勝負」。なんて面白く、なんてがっかりな回だったでしょう。
関ヶ原の戦いを目前にした戦い。
対する秀忠を昌幸の策が追いつめる痛快さに大興奮!
したと思ったところで、肝心の石田三成が速攻で敗戦。
一気に呆然とした、気分のアップダウンの激しい回でした。

今回の36話の見どころは、徳川秀忠の頼れるアドバイザー、本多正信と
真田のお父さん、真田昌幸の頭脳戦。
 
以前の上田攻めの反省から、
神川の堰をあらかじめ切っておくという本多正信の対応を受け、
それを逆手に取って雨を待ち、退路を断つという昌幸の策。
 
その他にも、徳川が兵糧攻めで来るのを予想して
こちらも貯蔵してある兵糧を奪い取り、
刈田も徹底的に防御する作戦のシーンはまさに爽快。
 
さらに、主人公の信繁も、敢えて持ち城を相手に渡すことで、
兄の信幸と直接対決せずに済む策を打ち出し、大成功。
 
 
ピタリ、ピタリとはまる真田の頭脳戦略にテンションは上がりました。
「これこそが真田丸の醍醐味だなぁ」と改めて思わされる展開。
 
 
しかし、歴史上の事実というのは残酷なものです。
 

いけいけドンドンの展開から一転。
2度も徳川の大軍勢を上田から追い払った祝いの席で、
帰り着いた佐助からの報告で事態は一変。
 
 
わずか半日で勝負が着き、石田側が負けた・・・!
 
 
何か月、何年にも及ぶ天下分け目の大戦。
どの大名もそう信じて疑わなかった大前提が覆りました。
 
せっかく完璧な戦を見せたところで、
大元の石田三成が負けてしまったのでは意味がありません。
 
  
真田昌幸は祝いの盃を取りこぼし、信繁は神妙な面持ち・・・。
この親子の運命は一体どうなるの!?
日本史に疎い僕はこの後の展開の知識もなく、呆然。
 
一気にガッカリした気持ちになり、心底落胆しました。
う~む、さすが三谷幸喜さん、視聴者を完璧に感情移入させるこの見せ方。
すばらしい・・・。
  
 
僕の中の「真田丸」の醍醐味は、先にも書いた通り“頭脳戦”。
その立役者であった昌幸はこの後、蟄居させられるようですね。
(さすがに気になりウィキペディアで調べました。) 
 
昌幸の頭脳戦のセンスを受け継いだ信繁が、
このあとの大阪冬の陣、夏の陣でどんな活躍を見せてくれるか。
いやいや、焦ってはもったいないですね。
まずは大阪冬の陣、夏の陣まで、どんな展開と人間模様が待っているのか。
 
もうすでに日曜日が楽しみですね。
 


 

コメント