ホワイトデーのお返しに、オーダーメイドのキーケースを注文してみた!


 
奥さんや彼女からバレンタインをもらって、「うれしい!」のはいいけれど、そんな我々男子に残されるのは、ホワイトデーのお返しですよね。ベターでベタにお菓子!とも思ったのですが、今年はキーケースを僕のセンスでデザインして注文できる、キーケースを贈ることにしました。

スポンサードリンク
このオーダーメイドのキーケースは、以前僕がオーダーメイドの本革名刺入れを注文したお店、JOGGO の商品です。職人さんが手作りする本革製品のお店なんですが、その特徴は何といっても自分でデザインできること。ホワイトデーのお返しはもちろん、プレゼントにも最適です。
 
そんなJOGGOの商品を思い出し、自分の名刺入れ以来、リピート購入をしました。
 
 
 
◆デザイン(配色)をオーダーできる!
先ほども書いた通り、自分で本革製品をデザインできるのがJOGGOの特徴。
今回は、妻がかねてより「あるといいな」と言っていたキーケースを注文しました。
 

 
ホームページ に行くと、いろんな本革製品が色鮮やかかつオシャレに紹介されています。
そのなかで、「キーケース 」という商品を選ぶと、もうさっそくデザインする画面(上の通り)に移ります。
 
デザインというのは、正確には配色のデザインです。キーケースだと外と表で2箇所ずつ色を選べます。上の図は外側のデザイン画面ですね。今回はピンク好きの妻の好みと、それに合うと直感したホワイトベージュのツートンにデザインしてみました。
 
 
 
 
こちらは内側のデザイン画面。ここをまったく違う2色にすることもできるのですが、それはちょっとチャレンジですよね(笑)無難にここも同じ2色でデザインしました。
 
 
◆名前も入れられる!
また、名前を入れることもできます。これもいいサービスですね。一気に自分だけのもの!という感じが強まります。
上の内側のデザイン画面の図で、黒く塗りつぶした部分、ここに妻の名前がローマ字で入っています。 
 
 
 
以上でデザインが終わりました。デザインが決まると注文画面に写ります。
注文者の氏名や届け先住所などを入力し、購入手続きを進めると、
 

 
最後の注文確認画面で、きちんともう一度デザインも表示してくれます。
名入れの文字の確認もあります(黒の塗りつぶしの部分です)。
 
さて、上の図でお気づきでしょうか。
お値段なんですが、かなりお手頃なんです。本革のキーケースが5,900円!
確かに有名ブランドではないですが、職人さんの手作りによる本革製品でこの値段はリーズナブルです。以前に自分の名刺入れを注文しているので、手触りや香りなど、革の品質はわかっています。
 
 
注文して届くのは3月12日ごろとのこと。ギリでホワイトデーに間に合いますね。
なので、今から注文される方は相手にちょっと待ってもらわないといけないかもしれません。そこだけご注意ください。
今回間に合わなかったら、誕生日プレゼントに回してもいいかもですしね。
 
今から完成して届くのが楽しみです。使い勝手がよかったら、僕の分も買いたいと思っています(^^)
 
スポンサードリンク


ホワイトデーのお返しに、オーダーメイドのキーケースを注文してみた!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 男女ともにプレゼントに最高!簡単オーダーメイドのキーケース | かずのUPノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*