大分駅で宿泊するなら、お風呂は絶対「てんくう」に入りに行くべき!


 
もし大分へ来たのでしたら、大分駅の目の前にある「CITY SPA てんくう」に行ってください。これ、最高にオススメの温泉施設でした。大分駅周辺で泊まる予定がある人なら、もう絶対行かなきゃ損と言える施設です。

スポンサードリンク
先日、大分へ行ってきました。電車の乗り継ぎでたどり着いた大分では、大分駅周辺のビジネスホテルで宿泊の予定。でも、やはり温泉地大分なので、どこかいいお風呂はないかと検索。そのところ、めちゃくちゃ良さ気なお風呂を発見したのです。
 

(CITY SPA てんくうHPより)
 
それが「CITY SPA てんくう」
大分駅に直結するJRおおいたシティのなかにある温泉施設です。
 
僕が良さ気と魅かれたのは、その高さ。
なんと大分の天然温泉が地上21階で入れるのです。
画像のように、大分の街が一望できる露天風呂がついているとのことで、風呂好きの僕としてはもはやここに行くために大分駅に泊まるという感じにもなってしまいました。
 
 
 
到着した大分駅前は想像よりもはるかに都会でした。

ショッピングモールの「アミュプラザ大分」には東急ハンズもあります。田舎人の僕のなかでは都会の象徴なのですが…、違いますかね。
 
この画像の左のビルの最上階に、「てんくう」の露天風呂があるのです。
 
 
夜になり、ホテルにチェックインしてから、僕は満を持して「てんくう」に向かいました。
大人一人の入浴プランは1,500円。お高めですが、結論から言っておきますと、その価値は十二分にあります。
 
 
 
19階に受付フロアがあり、そこで受付をしたらロッカーキーを渡されます。そしてエレベーターで20階に上がります。
そこにロッカールームがあるので、そこで服を脱ぎ、いざ浴室へ。
 
20階は内湯と頭や体を洗うスペースがあります。まずはここで頭も体も洗ってしまい、内湯はスルーして、楽しみだった露天風呂へ。
21階に向かうため、裸で階段をあがります。
 
 
 
階段を上がり終わる手前で、大分の夜景が目に飛び込んできました(20時ごろに行きましたので)。
さらに目の前にはすっきりとモダンなデザインの露天風呂。僕のテンションはここでマックスを迎えます。
 
お湯に浸かると、ひょうたん温泉で入ったようなとろみのあるお湯!まさに大分の天然温泉です。
温度はぬるめに設定されており、眼下に広がる夏の大分の夜景がのんびりうっとり長時間楽しめます。
 
夏休みに入ったタイミングだったので、大人に混じって子どももたくさんいました。
それで、大人も子どももお風呂の淵につかまり、うつぶせになりながらぼけーっと夜景を眺めているのです。とても平和な時間でした。
 
 
また、露天風呂は2種類あり、通常の温泉と、高濃度に炭酸を溶け込ませた炭酸泉なるものがあります。この炭酸泉がまたおもしろい!

(CITY SPA てんくうHPより)
 
入ると、なんとも言えない感覚を体中で感じます。手にも足にも、体中に炭酸の気泡が無数にくっつきます。その手をライトアップの照明に照らすと銀色に見えるくらいです。
 
爽快感のあるライトブルーのタイルに照明があたり、目にも爽やかなお風呂でした。ここにもかなりの時間浸かっていましたね。僕も内心はしゃいでいましたが、特に子どもたちは大はしゃぎでした。
 
 
 
さらに、もうひとつ僕が気に入った場所があります。

(CITY SPA てんくうHPより)
 
露天風呂のすぐそばにある屋上テラスです。
ゆったり足を伸ばして腰かけられるチェアがあり、お風呂で温まった体をそこに預けると、夏の夜の自然の風が通り抜け、暑くもなく寒くなることもなく、もうめちゃくちゃ気持ちよかったです。
(景色は夜景だったので、ちょうどこの画像の中にいたような感じです。見るからに最高でしょ)
 
 
 
すべての設定が完全に長風呂向きになっているような施設で、僕も1時間半ほどお風呂とテラスを行ったり来たりして過ごしてしまいました。
いや~、こんなところ、地元にもできないかなぁ。
 
ということで、大分駅で宿泊することがあったら、お風呂はホテルのなんて入らないでください!絶対「てんくう」に来ることをオススメします。
 
スポンサードリンク


大分駅で宿泊するなら、お風呂は絶対「てんくう」に入りに行くべき!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 歴史の深さに肩まで浸かる。別府温泉「ひょうたん温泉」を全力レビュー | かずのUPノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*