「ジョーカー・ゲーム」がアニメ化!これはアツイ!

僕の大好きなリアルスパイ小説「ジョーカー・ゲーム」。
遅ればせながら、アニメ化するということを今日知りました!
これは絶対面白い!テンションめっちゃ上がっています!
 
☆「ジョーカー・ゲーム」関連過去記事
(旧ブログ記事:これまでと真逆のスパイ像!『ジョーカー・ゲーム』読みました。
(過去記事:僕の究極のおまじない「自分にはこのくらいのことは出来なければならない」
(旧ブログ記事:和製007?映画『ジョーカー・ゲーム』をレビューします!

joker


 
うおお!絵めっちゃカッコイイ!
結城中佐も“魔王”っぽさが出ています。
D機関の訓練生たちも“異能の天才”の雰囲気がほとばしってますね!
 

 
◆「ジョーカー・ゲーム」の魅力
ジョーカー・ゲームは柳広司さんのスパイ小説。
スパイと聞くと007を思い浮かべる方も多いと思いますが、
この「ジョーカー・ゲーム」は一味違います。
 
スパイ感がめちゃくちゃリアルなのです。

時代は第二次世界大戦前、または戦中で、
各国の軍によるスパイたちが裏の世界で暗躍していた時期です。
 
情報戦、心理戦、頭脳戦がとても奥深く、スリリングでカッコイイのです。
007のようなアクションシーンは出てきません。
「スパイは目立たない灰色の小さな男(グレイ・リトル・マン)を目指せ」
「死ぬな、殺すな」
これらの教えは他のどの国にも気づかれず、
情報をつかみ、母国日本に流すため。 
派手なことをしたり、殺しを行い周囲の関心を集めてはいけないのです。
 
どうです?リアルなスパイ感でしょう?
 
 
 
もうひとつ、この作品の最大の魅力はスパイ養成機関“D機関”の訓練生たち。
陸軍のいち機関でありながら、集まってくるのは高学歴な大学卒の者。
こいつらがマジでなんでもできるのです。
 
各国の外国語、物理学、地理学、科学、数学、史学をマスターするのはもちろん、
さっき降りて来た階段の数を突然訪ねても即答できたり、
何の脈絡もない文章を冷たい水のなかを泳いだあとに後ろから暗唱できたり。
 
さらに、金庫破り、スリ、女の口説きなどもちょっとの訓練でお手のもの。
なんでも完璧にマスターしてしまう、”異能の天才”たちなのです。
 
そんな訓練生たちは、卒業すると世界各国にひとり赴き、
日本軍のスパイとして複雑かつ困難な任務にあたります。
 
 
どのスパイたちもそれぞれに最強で、その暗躍ぶりに心が躍ります。
このスパイたちが映像で、しかもアニメで見れるなんて最高です!
 
 
 
◆公開日は未定?
検索してみると公式サイトがありました!
しかし、まだまだ内容は薄いようです。
公開日についても何も書かれておらず、未定のようです。
 
ああ、公開日が気になります。
そしてちゃんとうちで見れるのだろうか。
ケーブルテレビのチャンネルが使いこなせない20代なのです。
 
普段テレビは見ませんが、これだけは見たい!
 
公式Twitterも迷わずフォローしたので、今後の情報に注目です!
 

コメント

  1. […]   4月にアニメ化される僕の大好きなスパイ小説「ジョーカー・ゲーム」 そのPVの第2弾が公式サイトで公表されていました。 PV:https://www.youtube.com/watch?v=tILWSrPcBsY 公式サイト:http://jokergame.jp/   「ゲイシャ、フジヤマ、もう見ました!あとはハラキリショーだけ!」 冒頭のゴードンのセリフ、原作の書き出しのまんま! テンション上がります! スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 絵がきれいなのもとてもイイですね! 中身が面白くても絵があんまり・・・というのはやはり残念な感じしますもんね。 大好きな原作がアニメ化されるのに絵がきれいなのは最高です。   4月5日から放送されることも発表されています。 楽しみです。毎週欠かさず見よう。     第二次世界大戦前、日本陸軍に設けられたスパイ養成機関、 通称「D機関」での訓練を終えた異能のスパイたちが主人公。 各国で繰り広げられる頭脳戦と心理戦が見ものです。     しかし、公式サイトやTwitter(@jokergame_anime)もフォローしているのですが、 アニメで出てくるスパイ(訓練生)たちはなかなか個性がありそうです。 スパイはその個性や人間性を極力消す必要があるものだと思うのですが、 その辺りはどんな感じで表現されるのかな。 アニメ化するにあたり、スパイだからと言って個性なしともいかないのでしょうか。   それでも、原作をいい感じに再現してくれていそうなPVと、 カッコよさげな雰囲気も文句なしという感じ。 ワクワクが止まらない今日この頃です。  【関連記事】①「ジョーカー・ゲーム」がアニメ化!これはアツイ!②僕の究極のおまじない「自分にはこのくらいのことは出来なければならない」 […]