イチローがピート・ローズより上なのは、ヒット本数よりも人格の方で明らかだ。

72056
 
やりましたね!イチロー、日米通算4257本安打!
野球少年時代から憧れの大好きな選手です。
アメリカのピート・ローズの記録を抜いて史上最多の安打数を達成したワケですが、
なんだかアメリカではピート・ローズがいちゃもんをつけており、
アメリカの野球ファンもピート・ローズが上だと言っているそうではないですか。
これについてめちゃくちゃ思うこと、書かせていただきます。

「ピート・ローズの方が上」と、本人もファンのアメリカ人も言う根拠。
それは、「レベルの低い日本のプロ野球時代の記録入れるのはおかしい」というもの。
 
ん~、これはいちゃもん以外のなんでもありませんね。
確かに、今でこそWBCではアメリカより上位に収まる日本野球ですが、
イチローが在籍したころの日本の野球は本場アメリカに比べれば低かった。
それはそうだろうなと思います。
 
 
それともうひとつ、僕が思うのは、
足があまり速くなかったピート・ローズのヒット本数と、
超俊足のイチローのヒット本数では、その構成が違うかな。ということ。
 
つまり、ピート・ローズのヒットはクリーンヒットがほとんどだけど、
イチローのヒットには内野安打やバントヒットも多く含まれている。
そんな点の違いもあると思います。
 
でも、それはプロとしてのスタイルの違いだし、
ヒットを打つのは技術であるというならば、
バントヒットも超一流の技術であることに変わりはありません。
 
それに、ピート・ローズだって、ポテンヒットはいくつかあるはずですもんね。
 
 
 
だとしても、やはりここでいちゃもんをつけるのはスケールが小さすぎませんか?
そもそも、自分の残した記録を誇らしく思うなら、
後世の選手がそれを抜いて行ったなら、賞賛するのが本当でしょう。
そりゃ1番を奪われたのは悔しいのわかりますけど。
 
 
そして、ニュースを見ていて確信したこと。
それは、イチローの方がプロ野球選手としてピート・ローズより上だということ。
 
 
イチローは、今回の記録達成の記者会見で、
「ここにゴールを設定したことがなかったので、

 実はそんなに大きなことという感じはしていない。
 でも、チームメイトやファンにああいう反応をされるとすごく嬉しかった。
 それがなければ、今回のことはなんでもないです。」
 
と言ったのです。ちょっと愛想はないけど、それはいつも通りのイチロー節。
このセリフ、というか考え方、めちゃくちゃカッコよくないですか!?
 
ピート・ローズは、自分を抜いていった後輩を見ている。
イチローは、自分と、自分というプロ野球のあり方を見ている。
カメを見ていたウサギと、自分と向き合って歩き続けたカメの違いに似ています。
 
 
さらにイチローは、
「ピート・ローズが喜んでくれれば(自分の気持ちも)全然違う。
 でもそうではないと聞いていた。だから僕も興味がない。」

と言いました。
 
こういうセリフが出てくるということは、
いつか自分の記録を破る選手が出て来たときは、
オレならめちゃくちゃ喜ぶんだけどな。
と思っている証拠。
 
 
イチローが優れているのは、ヒットを生み出す技術だけでなく、
むしろ人間的な部分、人格そのものなんだろうなと確信し、
またまたイチロー好きに拍車がかかったかずでした。
 

コメント