車のガラスが凍った!氷取りのスクレーパーがあると瞬殺!

cached
 
大寒波ですね。めちゃくちゃ寒いですね。こちらは大雪ですね。
さて、雪国は得てして車がないと生活困難な地域でして、
この大雪と寒さにドライバーはみんな閉口しております。
 
雪もそうですが、今回のように大寒波が来ると車も凍ります。
特にフロントガラスの氷は厄介です。
そんなとき、氷取り専用のアイテム、スクレーパーがあると超便利です!

スポンサードリンク

 
 
スコップ、雪下ろし、そして長靴。
雪国のドライバーは必ず車に積んでいる装備品です。
これがないと雪や氷といったモンスターと戦えません。
 

(通称“雪下ろし”。正式にはスノーブラシなどと呼ぶらしい)

 
しかし、僕としてはもうひとつ足りない。そう思うのです。
 
雪国の運転で厄介なのは雪だけではありません。
氷もかなり厄介なのです。
路面が凍っているとスリップしてしまうのはもちろん、
ガラスにこびりついた氷を取るのは時間もかかるしイライラします。

雪道運転のプロフェッショナルがたくさんいる地域でも、
意外と持っている人が少ないアイテム。
それが氷取りの専用のアイテム、スクレーパーです。
 
 

 
この記事のトップの画像のように、お好み焼きのヘラのように持ち、
ガラスにこびりついた氷をガリガリと取ることができます。
柄の長いものもありますが、この画像の商品のように、
柄の短いものの方が力が入れやすくていいです。
 
ヘラの部分はプラスチックなので、もちろんガラスに傷はつきません。
 
この便利アイテムを、みんな意外と持ってないんですよね。
雪だけならいいけれど、雪をどけたらその下は氷だった。
なんてことはしょっちゅうあります。
 
で、氷は雪下ろし(スノーブラシ)では削り取れないんですよね。
だから、お湯を持って来てかけたり、
早めにエンジンと暖房をかけておいたりするのですが、
氷取りスクレーパーがあれば手早くガリガリと氷を削り、
あとはワイパーで払っちゃえば完了です。 
 
氷があるのに、早く取ろうとしてワイパーをかけると
氷でワイパーのゴムが痛んでしまします。
 
 
雪国のドライバーで氷取りスクレーパーを持ってない方は
ぜひ常備しておくことをオススメします。
小さいから積んでても邪魔になりません。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*