30代男の疲れ。サプリよりも健康家族の“にんにく卵黄”摂るのが正解だった

 

30代男、かずです。疲れてしまってやりたいことがやれないというのは、とてもとてもネガティブなことです。疲れに効くサプリって、たくさんありますよね。でも、結局シンプルににんにくを摂る方が効きます。というのが僕の結論です。

スポンサーリンク

 

僕ももう30代。友達も30代。「30超えると疲れが溜まるよ」という諸先輩方の発言は、嘘ではなかった…。と実感しています。友達と会うと「最近疲れが取れんよね」という会話が増えてきました。

 

サプリはその場しのぎ

さて、ぼやくだけでは改善しない。1日2日しっかり寝たところで、生活習慣を変えなきゃ疲れはなくなりません。

ということで、僕もいろいろ試してきました。マルチビタミンとか、栄養ドリンクとか。でも、その瞬間は「あ、効いている気がするな」「ちょっと気合い入ったな」という感覚があるんですが、長続きはしないんですよね。

思えば、もしかしたらそれは当然のことかもしれない。サプリメントはある栄養分にフォーカスを当てて、それで体調を修正しようとするもの。その栄養分が体を通り抜けてしまえば効果はなくなってしまいます。

栄養ドリンクなんて、モロその場しのぎだと思います。カフェインとタウリン。これで体に無理くり気合いを入れている感じですものね。

最初に書いたとおり、生活習慣を変えることにはつながりません。

 

食品から摂る

あるとき、テレビでも同じようなことを言っているのを見かけました。やはり、サプリと食品は違うんですよね。「体を作るのは、やっぱり食品」というのがその番組の主張で、個人的にとても納得しました。

で、疲れを取る。と言って思い浮かぶ食品。
僕は真っ先ににんにくが出てきました。
スタミナ、元気、活力。そんなイメージがありますもんね。

 

結論、健康家族のにんにく卵黄を選んでみた

ただ、にんにくを普段から意識してたくさん食べるというのはなかなか難しいんです。料理に使っても風味づけ程度でしか使いませんもんね。

それで、「食品から摂る!」と言った手前あれなのですが、ネットを検索。サプリではなく健康“食品”を探してみました(揚げ足取りっぽいですかね?)。

ポイントは、「にんにくに含まれる〇〇という成分!」というのではなく、「しっかりにんにくが摂れるもの」。

すると、健康家族のにんにく卵黄 という商品が見つかりました。にんにく健康食品で一番売れているということで即買い。僕のモットーは気になったら即行動、です。

 

2週間後…

会社から帰ってきて「ランニングに行きたい!」「積読してた本も読みたい」「ブログもしっかり書きたい」と“いい意味の欲張り”体質になれました。20代半ばくらいまではこんな感覚が

※詳細のレビュー記事はここで書いています。
あの「にんにく卵黄」を摂ってみて2週間が経った今現在の体調

 

値段も月に1,000円ちょっと。妻にも毎月続ける了承を得ることができました。

 

疲れていて、仕事がうまく回らない。とてももったいないです。
疲れていて、休みなのに子どもを遊びに連れて行くことがしんどい。罪深いです。

30代、人生もちろんこれから。楽しく濃く、過ごしていきたい。30代はそんなお年頃ですよね。

 


健康家族の伝統にんにく卵黄♪




<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください