仕事のスピードアップ術「緊急でない重要なこと」に使う時間を作れ!

CIMG4852
 
普段仕事に追われてばかり。自分の時間がほとんどない。

と思いながらも、日々の忙しさに慣れてしまい、
そのライフサイクルを本気で改善しようとがんばれない。 
そんな人は多いのではないでしょうか。

この直近で一番はまったビジネス書2%のエース思考
そんなビジネスマンに効く考え方が書かれていました。
これを意識することで、普段の仕事がスピードアップし、
自分のための時間を確保することもしやすくなります。

スポンサーリンク

 
 
この本のなかで、「時間管理のマトリックス」が紹介されています。
これは、1つの軸が緊急度、もう1つの軸が重要度で、
この2つを立てと横に取ると、以下の4つの窓ができます。
 
1.緊急×重要
2.緊急×重要でない 
3.緊急でない×重要でない
4.緊急でない×重要
 
 
1.緊急×重要 には、クライアントへの提案書作成、
役員会への企画書作成などが入ります。

2.緊急×重要でない には、上司への報告、メールや電話対応、
会議への出席、報告書作成などが当てはまります。
重要でない、と言い切るのは微妙な線の仕事ですが、
この窓にあたる仕事が、
1日の仕事の大半を占めるという人がほとんどだと思います。
つまり逆を言えば、ここを効率化、スピードアップすることで
仕事にかかる時間や労力を大きく改善できることになります。
 
3.緊急でない×重要でない には、SNSやスマホゲーム、
ネットサーフィン、むだ話などが入ります。
2に多くの時間を割き、疲れたままオフの時間に入ると、
ついついこういったものに時間を使ってしまいます。
そうしてダラダラと非生産的な時間は過ぎ、人生も過ぎて行きます。
 
4.緊急でない×重要 ここが今回僕がハッとさせられたところ。
ここには、学習など自己投資、ネットワークの構築、
いつか将来的にやり遂げたいことなどが入ります。
でも、この部分は時間的に余裕がないと回らないところ。
ですがここで勇気と思い切りを持ってこの部分に取り組むと、
2.緊急×重要でないの仕事がスピードアップ、効率化するのです。

なぜかと言うと、4の自分の成長のための時間を確保するため、
2に当てはまる仕事を効率的に片付けようという気持ちが芽生えるからです。
 
 
 
◆28歳会社員かずの場合
僕は、今でこそこんなブログを日課的に書いて運営していますが、
それまでは仕事をただただこなし、もちろんそこで得ることはありましたが、
人間的な成長ができない、自分の好きなことをとことんやりたい。
と思いながらも、日々の忙しさにかまけて、オフの日には3に当てはまるような
ゲームやネットサーフィンに流れていました。
 
ですが、やはり好きなことをしたいという気持ちでブログを初めてからは、
仕事を効率的にやらないとその時間が取れないということを痛感しました。
そこで自分なりに仕事を効率化していく方法を考えるようになったのです。
 
だから、この本を読んだときはとても納得したのです。
 
 
仕事の取り組み方で最も考え方が変わったのは、
「明日できることは今日しない」と考えるようになったこと。
 
それまでは、今日のうちにできるだけ先のことやっておこうと思っていました。
しかし、それだと全くもってキリがないのです。
あれもこれも、大事に見える。そして優先順位がわからなくなるのです。
 
しかし、「明日できることは今日しない」と考えるようになってからは、
優先順位を吟味するようになり、今日中にやるべきから取りかかり、
あとは定時までの時間で先々のことをやるようになりました。
そして、定時が来て目安まで終わっていれば長居せず帰る。
 
こうすることで、ブログをほぼ毎日更新することができています。
 
また、ブログを更新するためにはいろんなインプットが必要です。
だから、本を読んだり映画を観たりいい味の出てる写真を見たりします。
そうすることでより一層自分が豊かになっていると感じています。
 
そして、そうして自己肯定感が高まると、
仕事にも意欲的に自信を持って取り組むことができます。
 
 
 
◆好きなこと、やりたいことをもっとしよう!
ですから、忙しく働くみなさんも、好きなこと、やりたいこと、
思い切ってちゃんと取り組んでみるといいと思うのです。
 
仕事で経験したことがやりたいことに活きたり、
また逆に、やりたいことを通して得た経験が仕事に活きたり、
そんなことはたくさんあるはずです。
 
「あれをやってみたいけど、なかなか気力が出ないよなぁ」
と思ってしまっている方は、なんとかその一歩を踏み切ってみてください。
きっと仕事もいいサイクルで回っていくはず。
 

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください