僕の婚活成功談「婚活した方がいいかな」と思う人、今すぐ行動すべき!

婚活の成功体験談

もうこれは100%間違いないことです。人生は何もかも、具体的な行動をしないと変わらないようにできています。「将来結婚したい」と望んでいるのなら、今日にでも婚活パーティーの申し込みをすべきです。あなたの運命の人は、すでに今週末のパーティーに出席予定かもしれません。

スポンサーリンク

 

これは僕の体験談です。社会人になってすぐ別れた彼女以来、もう6年も彼女ができず、どこかに出かけるたびに「良さそうな人はいないかな」といつもいつも頭の中で考えていました。

しかしやがて、そう都合よく“良さそうな人”はいないと悟りました。例えタイプの人がいたとしても、どうやって声をかけるというのか。かけたとしても彼氏がいたら?

そして、僕は少し前から思っていたこと、「婚活した方がいいのかな」という思いに従ってみようと思ったのです。

今回はそんな僕の体験談から、過去の僕と同じく「そろそろ婚活とかした方がいいのかな」と考えている人に向けた記事を書いていけたらと思います。

 

“私は結婚したい”という思い

「婚活した方がいいかな」と思うということは、いつかは(あるいはできるだけ早く)“結婚したい”と思っているということです。

何当然のこと言ってるの?とツッコまれるかと思いますが、そこが大前提なんです。

将来、自分も“結婚したい”と思う気持ちや感覚って、とてもとても大事なものです。

結婚するかしないか。これは人生において最も大きな2択と言っていいと思います。その2択を、あなたは“結婚したい”に決めているのです。その思いを自分できちんと尊重してあげること、これが大事です。

そして、きちんと尊重してあげるには具体的な行動を取る必要があります。勇気が出ないとか、どんなところなのか怖いとか、考えてしまうと思います。

ですが、そうしてそのままやり過ごしてしまうことは、自分の人生への意志を曲げてしまうことになってしまいます。

 

勇気はかき集められる!

婚活というと、ガチの雰囲気がびっしり漂っていて怖いかも・・・。と、正直僕は思っていました。

「将来結婚するにはこのままじゃダメ」と思い、参加しようと決めたものの、ネット申し込みの最後の“確定”のクリックがなかなかできず・・・。かなり長い間パソコンの前に座り、ついにクリックしたのが当日の午前1時。
 
最後のクリックができずにいた長い時間、僕の頭を占拠していたのは、「ガチの人ばっかりだったら怖いかも」「年上の人ばかりで場違いだったらどうしよう」とこんな想像でした。ちなみに僕は当時27歳。

しかし、このままでは明日からも何も変わらない。と考え、何とか勇気をかき集めました。

前者は自分もそれなりにガチで考えているのだと思うことでクリア。後者は、「そのときはそのとき。まずは試しだ!」という気持ちで、自分の中でなんとかクリアしました。
 
ええ、最初の参加に勇気がいるのは事実です。恐らく、みんなそうだと思います。

しかし、先ほど書いたように、自分の“結婚したい”という気持ちを尊重すれば、勇気はかき集めて来られるものだと知りました。

・・・というより、このまま何もせず何も変わらないのが怖い。という思いがあったのも事実なのですが。

 

自分にあったパーティーを探す

<初の婚活での失敗と学び>

しかし、僕が初婚活をしたパーティーは、不安が的中して年上の人だらけでした。

女性の平均年齢は30代後半。29歳から41歳までいらっしゃいました。男性サイドはさらに上。僕が27歳で最年少。次が32歳。平均は限りなく40に近かったと思います。

正直・・・この状況はかなりきつかったですね。女性は年上ばかり。しかも20代は1人だけ。ぶっちゃけこの会場でお近づきになりたいと思う女性はいませんでした。

しかし、参加者全員と話すことができること、最後には“カップリング”という仕組みがあり、互いに気に入った同士は発表してもらえることを体験しました。

このカップリングは合コンや街コンにはないシステムです。パーティーの終わりに気に入った者同士は強制的に「カップル成立で~す!」となるんです。もちろんそれはこのパーティーでのカップルであって、交際しなさいと意味ではありません。でも、お互いに気に入ってたんだ!とわかり合えるのはかなり大きいですよね。

 

<年齢を絞り込んだパーティーもあった!>

初の婚活から帰ったすぐその日に、僕はもう一度婚活パーティーを調べました。

すると、20代限定というものを見つけたのです!

1回参加の経験をしているので、今度は申し込みもスムーズ。今度は悩まずに“参加確定”のクリックを押すことができました。

20代限定の婚活パーティー当日。実際に参加してみると、みんな同世代なのでとっても話しやすく、雰囲気も普通に居心地がよかったのです。
 
・・・そして!

僕はそこで現在の妻となる女性とカップリングとなりました!

この日のことほど、自分が具体的な行動を起こしたことを「よくやった!」と讃えることはありません。

6年も恋人探しをしていて結果が出なかったのに、この日の1日、いや2時間くらいで気の合う女性と出会い、付き合うことになり、1年後には結婚し、今では子どもまでいるのです。

婚活での成果を出すためには、自分が望む人が参加するであろうパーティーを絞り込むのは大事です。僕にとって、年の近い女性ばかりがいたのはかなり重要なポイントでした。ちなみに妻は3つ年下です。

 

まとめ

婚活と聞くと、「ガチな感じだし、焦っているようでカッコ悪い」なんて思うかもしれませんが、自分の思いを実現するために行動できない方が、僕はよっぽどカッコ悪いのかなと思います。

確かに勇気はいるし、何人もの初対面の人と話すのは体力もいりますが、そこに参加してきている人は自分と同じく、将来をちゃんと考えて“結婚したい”と思っている人ばかりです。

結婚についてどう考えているかわからない合コンや街コンより参加する値打ちがあると思います。

あとは自分に合ったパーティーをいろいろ探してみて、参加しやすそうなものを選んでみてはいかがでしょう。

とにかく具体的に行動する。そして経験してみる。偶然や奇跡は、ただ待つだけの人のもとにはやってきませんからね。

行動の第一歩として、このサイトで婚活パーティーを探してみてください。


独身社会人のためのカップリングパーティー

僕が20代限定のパーティーを見つけたのはこのサイト。
僕の住んでるような田舎でも、たくさんのパーティーを開催しています!