人生は切り取り方。本屋さんで学ぶ人生観

今日は仕事が早く終わり、仕事帰りに趣味の“本屋巡回”をしてきました。
巡回中、自己啓発の棚の前で、ふとき気づくことがありました。
 
相反するタイトルの組み合わせがいくつかある。
 
kikuya2

スポンサーリンク

 
いったい僕は、いい人をやめたらよいのか、やめなくてよいのか。
いったい僕は、頑張らないといけないのか、頑張らなくてよいのか。
皆さんもそんなふうに思ったことありませんか?
 
このことから僕が感じたのは、
人生とは切り取り方次第なんだ。
ということ。
 
相反するタイトルの本がありますが、
どの作者も信念を込めて書いているはずです。
でないと市場には出回りません。
 
一方では、「損な役回りが多いから、いい人はやめた方がいいよ」
という部分を切り取る人がいて、
もう一方では、「いい人こそが今の時代には必要な性質」
という部分を切り取る人がいる。
そういうことです。
 
人生、人の生き方や考え方なんていっぱいのたくさん存在しますが、
そのなかでどれを選ぶか。どの部分を切り取るか。
それでその人の人生のスタンスが決まってくるのです。
 
そして、そのそれぞれに間違いはありません。
模範解答もありません。
切り取った本人が、切り取った形を見て
「いい出来だ」と思うか、「イマイチだな」と思うかの違いなんだと思います。
 
最終的に大事なのは、「いい出来だ」と思っても「イマイチだな」と思っても、
自分がその形を整えたり、よりキレイな形にしようと思うことだと思います。
そうして最後には「最高の出来だ」と思えること。
 
そこで自分の生き方に自信が持てるようになるのです。
 
とりあえず、今の僕が切り取っているのは、
その切り取った形を整えたり、キレイな形にするために、
本を読み、そうして考えたことを書くという生き方の形です。
 
 
どんな生き方をしてもいい。
自分が気に入っていればそれでいい。
それを磨く努力をし続ければいい。
 
本屋は、それを教えてくれます。




<関連記事>

人生は切り取り方。本屋さんで学ぶ人生観」への2件のフィードバック

  1. M.I.F

    どう切り取るか、なるほどそういう考えがあったとは!
    自分は、自己啓発本はほぼ読まないんで、タイトルを見て、
    極端なことばっか書いて…とか、結局なんやねん!って思ってましたからw

    自分の思った通りに生きていく、うん、そうですよね♪( ´▽`)

    返信
    1. かず 投稿作成者

      いろんな価値観がありますからね。相反する生き方もそりゃありますよね。
      そうなんですか、僕はつい読んじゃいますね。
      確かに、いかにもなのは避けますが、立ち読みしてすんなり受け入れられそうなら買います。

      本を読むと自分の思う生き方に確信が持てたり、逆に変わったりしますよね。
      そういうことが大事なんだと思ってます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください